コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロスト Frost, Robert (Lee)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロスト
Frost, Robert (Lee)

[生]1874.3.26. サンフランシスコ
[没]1963.1.29. ボストン
アメリカの詩人。ダートマス大学,ハーバード大学に学ぶ。 1912年イギリスに渡り,E.トマス,R.ブルックらと親交を結び,処女集『少年の意志』A Boy's Will (1913) ,次いで『ボストンの北』 North of Boston (14) を発表して名声を得た。 15年に帰国,『山のはざま』 Mountain Interval (16) ,『ニューハンプシャー』 New Hampshire (23) などを出して自然詩人としての地位を確立。晩年には哲学詩人としての様相を深め,詩劇『道理の仮面劇』A Masque of Reason (45) ,『慈悲の仮面劇』A Masque of Mercy (47) などを発表した。『開拓地で』 In the Clearing (62) が最後の詩集となった。その間ピュリッツァー賞を4回受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フロスト(frost)

霜。結氷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フロスト

米国の詩人。若くして渡英し,処女詩集《少年のこころ》(1913年)を出版。帰国後は故郷ニューイングランド農場に住み,自然と生活の香り高い詩で名声を得たが,後年の《証しの樹》(1942年)や二つの詩劇では次第に内面的傾向を深めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フロスト【Robert Frost】

1874‐1963
アメリカの詩人。ニューイングランドの自然と生活を描いて卓越。その主題が平易簡明なことばで書かれ,穏健な哲学,処世観に裏打ちされているのがアメリカ人一般の好みに合い,20世紀最大の国民詩人としての名声を博した。生まれたのはサンフランシスコだが,11歳のとき父親の死に遭い,一族の出身地だったニューイングランドに戻って,そこが実人生にも詩にも彼の根拠地となる。ハーバード大学には2年間在籍,その後教師をしたり農業経営をしたりしながら詩作の夢も捨てきれずにいたが,1912年38歳のとき,詩に身を賭す覚悟でイギリスに渡ったのが転機となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フロスト【frost】

霜。氷結。また、冷蔵庫の中などの霜。

フロスト【Robert Lee Frost】

1874~1963) アメリカの詩人。平易な文体で人間と自然の厳しい対立を歌い、多くの人に親しまれた。代表作「ボストンの北」「証しの樹」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロスト
ふろすと
Robert Lee Frost
(1874―1963)

アメリカの詩人。3月26日、サンフランシスコに生まれ、父の死後ニュー・イングランドに移る。ダートマスやハーバード大学に在籍したが肌があわず、さまざまな仕事を試みた。1912年、家族とイギリスに渡り、同地の自然詩人E・トマスPhillip Edward Thomas(1878―1917)らと交わり、詩集『少年のこころ』(1913)、『ボストンの北』(1914)を世に問う。やがて詩人として認められ、詩における音楽的効果を強調するイマジズム運動に参加を勧められるが孤立を貫き、1915年にアメリカへ帰ってからも、都会を離れてニュー・ハンプシャーの農場に住み、自然詩人として田園に生きる人々の生活を追求した。その間、アマースト・カレッジなど多くの大学から詩人教授として招かれたが、生涯、田園の生活を捨てなかった。『山の合間』(1916)を経て『ニューハンプシャー』(1923)でピュリッツァー賞を受け、その後も『西へ流れる川』(1928)、『遙(はる)かな山並』(1936)、『証(あか)しの樹』(1942)などで、再三受賞している。フロストの詩が一般に広く愛誦(あいしょう)されるのは、ひとつにはR・W・エマソン以来のアメリカ人が抱く自然へのノスタルジアの味わいであろう。また、彼の詩業は初期の叙情性から後期は人生省察へと深化しており、現代社会の批判者として、牧歌の効果を縦横に駆使している。詩集『証しの樹』のなかの「今日のための訓(おし)え」では、過去の時代と比べて現代の不幸が増しているわけではないと説き、過去の人と同じくこれに耐えて生くべきだと、ストイックな姿勢を示す。この古典主義的傾向は晩年の仮面劇『理性の仮面』(1945)、『慈悲の仮面』(1947)の2編にも貫かれている。1963年1月29日、ボストンで死去。[新倉俊一]
『安藤一郎訳『フロスト詩篇』(『世界詩人全集 ディキンソン、フロスト、サンドバーグ詩集』所収・1968・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフロストの言及

【アメリカ文学】より

… 詩の分野では1912年に創刊された《ポエトリー》誌を中心に,E.L.マスターズやサンドバーグらのシカゴ・グループと呼ばれる詩人たちが中西部の民衆の心を口語的リズムで歌い出した。ニューイングランドの自然と,その自然に対峙する人間の姿を描いたフロストや,長編詩によって人間の激情を示すのを得意としたカリフォルニアのジェファーズも注目に値する。しかし20世紀アメリカ詩で最も注意すべき文学運動は,1910年代E.パウンドによって提唱されたイマジズムおよびボーティシズムの流れであろう。…

※「フロスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フロストの関連キーワードパウンド(Ezra Weston Loomis Pound)minna ni yuki 有機コーンフレークシュトルーベ(Otto Struve)ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイクリンチ(David Lynch)ウイリアム・ヴォーン ムーディショーン・オブ・ザ・デッドフロストバイトロードレースデービッド レッドベターウィンドケーブ国立公園フランク ランジェラライデンフロスト現象ライデンフロスト効果オットー ストルーベクリオターベイションマイケル キートンピーター モーガンガンダムヴァサーゴケビン ベーコンマイケル シーン

フロストの関連情報