コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロンティア学説 フロンティアがくせつ frontier theory

2件 の用語解説(フロンティア学説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロンティア学説
フロンティアがくせつ
frontier theory

アメリカの歴史をフロンティアの西進運動を軸に解釈しようとする学説。 19世紀後半には近代的諸制度の起源はすべてゲルマン社会にあるとするチュートン起源説が支配的であったが,これに真向から挑戦し,フロンティアでこそ,西部の森でこそ,アメリカ独自の個人主義,経済的平等,デモクラシーなどが生れ,それが東部社会にも反作用したとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロンティア学説
ふろんてぃあがくせつ
Frontier Thesis

アメリカの歴史学者フレデリック・J・ターナーが唱えた学説。彼の1893年の論文『アメリカ史におけるフロンティアの意義』において初めて発表され、その後のアメリカ史研究に著しい影響を与えた。すなわち、その学説は、19世紀末までのアメリカ合衆国には、西部に「フロンティア」(辺境地域)があり、東部から西部への人口の移動が絶えず行われていたために、フロンティアの環境に適応した社会や文化が新しく生まれ、個人主義が育ち、民主主義が発達した、というものであって、フロンティアがアメリカ独自の制度、民主主義、国民性の創造に決定的な役割を果たした、と考えるものである。[平野 孝]
『渡辺真治著『フロンティア学説の総合的研究』(1980・近藤出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フロンティア学説の関連キーワードフロンティア軌道理論宇部フロンティア大学フロンティアフロンティアスピリット富士通フロンティアーズフロンティア・メンソール・ボックスフロンティア・ライト・ボックスフロンティー《アメリカ史におけるフロンティアの意義》アイ・ティ・フロンティア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone