フードバンク(読み)ふーどばんく(英語表記)food bank

翻訳|food bank

知恵蔵の解説

フードバンク

パッケージ不良や形状が規格外であるなどの理由で、品質には問題がないのに売り物にならなかった食品を集め、食事に困っている人やホームレスなどに配布していく活動。市場に流通させることができない余剰食品を蓄え分配することから「フードバンク(食べ物の銀行)」と呼ばれる。アメリカではおよそ50年前から始まっており、日本でも注目を浴び始めている。
具体的には、ボランティア団体やNPOが、食品メーカーなどから余剰食品を無償で譲り受け、ホームレス支援団体や生活支援施設に配る。東京を皮切りに、兵庫、広島、沖縄などへと活動の輪が広がっている。
日本は、先進国の中で最低レベルの食料自給率(40%)であるにもかかわらず、食べずに捨てられる食品が大量発生している飽食国家。農林水産省によると、企業や家庭から出る食品廃棄量は年間約1900万トン(2005年度)にものぼり、うち食べられるのに捨てられている食品ロス量は500万~900万トンにもなるという。このような背景から、フードバンク活動は「もったいない」という世論の後押しを受け、今後もっと大きなうねりとなるとともに、社会的弱者の命を支える重要な取り組みとなりそうだ。
フードバンクは、食に困る人々だけでなく、余剰食品を出す食品関連企業にとってもメリットがある。企業側にとって、余剰食品を処分するときに生じる廃棄コストは悩みの種であり、「せっかく製造したものを捨てるのはしのびない」という社員の声も開発への士気を下げる要因になりかねない。フードバンクに参画する食品関連企業は、これらの課題が解決できるなら、と歓迎姿勢を示すところが多い。
2008年末現在、日本でフードバンクとして活躍している団体は、セカンドハーベスト・ジャパン(東京)、フードバンク関西(兵庫)、あいあいねっと(広島)など。草分け的存在であるセカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)では、40社以上の食品関連企業から食べ物の提供を受けている。また、企業だけでなく、一般家庭で余った食品を学校や職場などに持ち寄り、慈善団体やフードバンクに寄付する「フードドライブ」という活動も広まってきている。

(高野朋美 フリーライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フードバンク

企業や個人から寄贈された食品を、支援を必要とする人や福祉施設などに無償で提供する。包装の破損した加工食品など、中身は問題ないのに廃棄される食べ物の有効活用策でもある。農林水産省の2016年度の調査では、全国で77団体が活動している。  ◇来週8月7日は「PTA」を掲載します。

(2017-07-31 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

フードバンク

食べられるのに不要になり廃棄される食品を集め、生活困窮者などに再分配する事業。1967年に米国で始まって世界に広がった。日本では2002年にセカンドハーベスト・ジャパン(東京都)が始め、食品ロスの削減にもつながるとして注目された。農林水産省によると、今年1月末時点で把握された国内のフードバンクは44都道府県の77団体。うち道内は札幌、千歳の5団体で、ピーシーズは含まれていない。

(2017-10-02 朝日新聞 朝刊 1道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

フード‐バンク(food bank)

食品を取り扱う企業から、製造・流通過程などで出る余剰食品や規格外商品、販売店舗で売れ残った賞味期限消費期限内の商品など、安全上は問題がなくても廃棄される食品の寄付を受け、無償で必要な人や団体に提供するボランティア活動。また、それを行う団体。一般家庭で余った賞味期限内の食品も対象となる。福祉団体・生活弱者支援のボランティア活動として1960年代に米国で始まり、日本でも平成12年(2000)頃から行われている。食糧銀行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フードバンク
ふーどばんく
food bank

規格外、商品の入替えなどの理由で、品質上の問題はないのに廃棄されている食品を引き取り、生活困窮者や福祉施設などへ無償で提供する活動、およびその団体。食品メーカーや流通・小売業者から寄付された余剰食品を一時的にストックし、必要なところへ配分することから、食品の銀行(フードバンク)とよばれる。
 農林水産省がまとめた「食品ロスの削減に向けて~食べものに、もったいないを、もう一度。~」によると、2015年度(平成27)において、日本で1年間に発生する食品由来の廃棄物約2842万トンのうち、食べられるにもかかわらず廃棄されている食品ロスは、年間約646万トン(事業系357万トンと家庭系289万トンの合計)に上ると推計されている。これらには品質とは関係がない、ラベルの印字ミスやパッケージの汚れ、消費期限が近い食品などが含まれる。発生元でロスの抑制に努めつつ、そのうえで生じた廃棄物もなるべく有効利用する取組みの一環として、フードバンク活動が注目されることとなった。農林水産省では食品の品質確保や衛生管理などに関する手引き書を作成し、食品ロスを削減する手段としてフードバンク活動を支援している。また、2015年4月に始まった生活困窮者自立支援制度では、生活に困った人が相談できる窓口の設置が自治体に義務づけられた。これをきっかけにフードバンクと自治体が連携し、食糧を支援する活動が全国的に広がった。フードバンク団体は2014年には全国で39団体であったが、2016年9月時点では74団体に拡大している。
 フードバンクの活動を1967年から行っているアメリカでは、提供された食品だけでは食事の栄養が偏るため、肉や牛乳などを購入・配布し、食品ロスの削減と食糧支援を両立させた活動を展開している。食べ物に困った人がだれでも食品提供を受けられる場所が数多くつくられており、ニューヨークには約1100か所、シカゴで600か所あまりの提供窓口がある。
 日本では2002年に国内初のフードバンク団体が設立された。その後、2015年11月に全国各地で活動を展開する団体によって全国フードバンク推進協議会(本部事務所は東京都小金井市)が設立された。2018年2月時点では24団体が参加しており、共通のガイドラインに署名し、流通や食品衛生に関する情報共有を進める一方、資金面や人材養成に関し行政や自治体への働きかけなどを行っている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フードバンクの関連情報