コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーフェ フーフェHufe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーフェ
Hufe

ヨーロッパ封建社会における村落共同体農民が,家族の生活維持のために享受した諸権利の総称。古ドイツ語に由来する「持ち分」の意味。その内容は,家屋,宅地と村落内耕地の各耕区における所定地条 (耕地) の個別利用,および共有地利用権の3つから成る。1家族の最低生存条件と考えられる標準耕地面積は 30モルゲン (10~12ha) で,この耕地を保有し,宅地,共有地利用権を所有して共同体を構成する農民が「完全フーフェ農民」と呼ばれた。フーフェをもたない「小屋住み農民」 (→コターズ ) は村落共同体員の資格はなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フーフェ【Hufe】

ヨーロッパの中世村落で共同体を構成する標準農民の保有地とそれに付属する諸権利の総体。ドイツ語で〈持分〉の意。共同体農民は,(1)屋敷と庭畑,(2)開放耕地の各耕区内の一つ以上の地条,を保有するほか,(3)耕地持分に比例した共同地(アルメンデ――森林,放牧地,採草地など)の用益権,を有する。この三者を総称してドイツでフーフェと呼び,フランスのマンスmanse,イギリスのハイドhideに相当する。この3要素の総体を分割できぬ農地単位としてラテン語でマンススmansusと呼ぶ例は7世紀に始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフーフェの言及

【領主制】より

…その根幹をなすのは,奴隷的非自由人の地位の向上であり,家,屋敷地,一定面積の耕地,森林・荒蕪地への一定の用益権を含んだ保有地が,1家族の生活に必要な単位として確保される傾向が現れてくる。これが7世紀にパリ地方の王領地で生まれたマンスmansusで,ゲルマン語圏ではフーフェとして広がっていく。同時に,国王,教会,高級貴族などの有力領主のもとでは,開墾(開拓)によって従来の小所領の耕地を増加させるとともに,土地購買や寄進受納によって,所領規模を拡大する動きが目だったが,それは同時に,独立農民が,領主制の支配下に引き入れられ,しだいにマンス=フーフェ保有農民となっていく過程でもあった。…

※「フーフェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フーフェの関連キーワード共同地[中世ヨーロッパ]プリュム修道院フーフェラントベルリン大学佐々木仲沢8月12日緒方郁蔵坪井信道伊王野坦秋山佐蔵農奴制賦役長寿荘園

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android