コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フープ hoop

翻訳|hoop

デジタル大辞泉の解説

フープ(hoop)

子供が回して遊ぶ輪。フラフープの類。
運動用具の一。直径約2メートルの二つの鉄のを数本の横棒で連結し、中に人が入り横棒に手足をかけて回転させるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フープ【hoop】

〔輪・たがの意〕
回して遊ぶ輪。 「フラ--」
運動用具の一。直径約2メートルの二個の鉄の輪を数本の鉄の横棒でつないだもの。中に入って手足を横棒に掛けて回転させる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フープ

パニエ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フープ
ふーぷ
hoop

本来は、金属、木などでつくられた円形の枠のことであるが、女性のスカートを広げるために用いる腰枠を総称していう。詰め物、鯨のひげ(鯨骨ともいう)、籐(とう)、スチール、その他の固い材料でつくられる。女性の服飾流行には、ルネサンス時代以降、繰り返しフープを用いてスカートを膨らませるデザインが登場したが、時代によってその呼称、形状、シルエットはさまざまである。代表的なものとしては、16世紀のベルチュガダン(英語ではファージンゲール)、18世紀のパニエ、19世紀中期に大流行したクリノリンなどがあり、それぞれベル形、前後が平らで左右に極端に張り出した形、扇形などのシルエットを形づくった。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フープの関連キーワードマルガリータ マムーンダリア コンダコワキュアウィンディ負傷事故の概要ペティコート佐々木莉奈春日まなみ上保千陽奈山田萌々香渡辺アンナ高比良由菜めぐまりこフラフープクラリッサクロッケー宮野ここね筒井愛実深井晃子小泉真希山口実香

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フープの関連情報