コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フープ フープ hoop

翻訳|hoop

4件 の用語解説(フープの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フープ(hoop)

子供が回して遊ぶ輪。フラフープの類。
運動用具の一。直径約2メートルの二つの鉄の輪を数本の横棒で連結し、中に人が入り横棒に手足をかけて回転させるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フープ【hoop】

〔輪・たがの意〕
回して遊ぶ輪。 「フラ--」
運動用具の一。直径約2メートルの二個の鉄の輪を数本の鉄の横棒でつないだもの。中に入って手足を横棒に掛けて回転させる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フープ
フープ

パニエ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フープ
ふーぷ
hoop

本来は、金属、木などでつくられた円形の枠のことであるが、女性のスカートを広げるために用いる腰枠を総称していう。詰め物、鯨のひげ(鯨骨ともいう)、籐(とう)、スチール、その他の固い材料でつくられる。女性の服飾流行には、ルネサンス時代以降、繰り返しフープを用いてスカートを膨らませるデザインが登場したが、時代によってその呼称、形状、シルエットはさまざまである。代表的なものとしては、16世紀のベルチュガダン(英語ではファージンゲール)、18世紀のパニエ、19世紀中期に大流行したクリノリンなどがあり、それぞれベル形、前後が平らで左右に極端に張り出した形、扇形などのシルエットを形づくった。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フープの関連キーワード脂が乗る駆動じゃまでボルガの舟唄輪・環オルガノゲルナーガの雫尾上多賀之丞(初代)尾上多賀之丞(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フープの関連情報