コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラック・リスト black list

1件 の用語解説(ブラック・リストの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラック・リスト【black list】

一般に,注意人物名簿の意味で用いられている言葉であるが,とくにアメリカにおいては,労働関係上の隠語として使われてきた。アメリカの労働組合は,未組織事業所を組織する際,組合の専任オルガナイザーを派遣する。オルガナイザーは,対象事業所に就職して内部から組織化するか,対象事業所の従業員との接触を通じて外部から組織化するかのいずれかの方法によって,組合を組織する。こうした労働組合の組織活動に対抗して,使用者は,組合オルガナイザーの人物名簿の作成を探偵社などに依頼し,その名簿を使って組織化に対応した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラック・リストの関連キーワードメタルケーブルグリソン光電効果職能保育多義語注意人物物名エキソティックTerm

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラック・リストの関連情報