コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラック・リスト black list

世界大百科事典 第2版の解説

ブラック・リスト【black list】

一般に,注意人物名簿の意味で用いられている言葉であるが,とくにアメリカにおいては,労働関係上の隠語として使われてきた。アメリカの労働組合は,未組織事業所を組織する際,組合の専任オルガナイザーを派遣する。オルガナイザーは,対象事業所に就職して内部から組織化するか,対象事業所の従業員との接触を通じて外部から組織化するかのいずれかの方法によって,組合を組織する。こうした労働組合の組織活動に対抗して,使用者は,組合オルガナイザーの人物名簿の作成を探偵社などに依頼し,その名簿を使って組織化に対応した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブラック・リストの関連キーワードライオネル スタンダー広告予算偽学の禁ロージー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android