サスペンス(英語表記)suspense

翻訳|suspense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サスペンス
suspense

ストーリーの展開において,この先どうなるのかという不安感危機感を与えることで,観客・読者の興味をつなごうとする映画・演劇・小説の技巧推理小説の中で,論理的ななぞ解きを主眼とする本格物に対して,心理的な恐怖感に訴える物をサスペンス小説と呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サスペンス(suspense)

《未解決・不安・気がかりの意》小説・ドラマ・映画などで、筋の展開や状況設定などによって、読者や観客に与える不安感や緊張感。また、その小説・ドラマ・映画など。「サスペンスドラマ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サスペンス

〈宙ぶらりん〉を意味する英語。映画・テレビ・小説等の危機のシーンで,観客・読者が感ずる不安感。転じて観客・読者をはらはらさせる劇的要素をもさす。スリラーに不可欠な要素の一つ。
→関連項目ヒッチコック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

サスペンス【suspense】

不安感や緊張感。特に映画・小説などで、危機的な場面に観客・読者が覚える、はらはらする感情。 「スピード・スリル・-」 「 --ストーリー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サスペンス
さすぺんす
suspense

ラテン語suspensus(吊(つ)るすの意)が語源。気がかり、不安な状態をさし、小説、なかでも推理小説、冒険小説、恐怖小説などで、解決の糸口がつかめず読者をはらはらさせる緊張感の効果をいう。演劇、映画でも観客の不安を高め、どんでん返しの結末へと飽きさせずにひきつけていく手法に用いられる。推理小説ではアガサ・クリスティ、映画ではヒッチコックがこの手法に長(た)けていた。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サスペンス

〘名〙 (suspense 「未解決、不安、気がかり」の意) 映画、ドラマ、小説などの物語の展開が、観客や読者に与える不安と緊張感。また、その映画、ドラマ、小説など。〔モダン辞典(1930)〕
※合本俘虜記(1952)〈大岡昇平〉労働「イギリス流のレアリズムに適当にサスペンスを盛った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サスペンスの関連情報