コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッシノキ

百科事典マイペディアの解説

ブラッシノキ

学名をカリステモン・スペシオサスという。オーストラリア原産のフトモモ科の常緑低木。暖地の庭木や切花用に植栽。高さ2〜3mになり,葉は披針形で中脈が目立つ。花は5〜6月,びんを洗うブラシに似た形の穂状に集まって咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラッシノキ【Callistemon speciosus (Sims.) DC.】

枝先に多数の花をつけ,それより濃赤色の糸状おしべがブラシのように密に開出して美しいフトモモ科の常緑低木(イラスト)。原産地オーストラリア。高さ2~4.5mになり,葉は長さ10cmくらいで披針形をなし,やや厚くて硬い。花弁は5枚で小さく,開花後早く脱落する。おしべは多数あって,長い。果実は球形で径1cmくらい,枝の周囲に多数密着して木化し,永年脱落しないで残る。その姿は虫の卵のように見え,内部にごく小さな種子が多数詰まっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッシノキ
ぶらっしのき
bottle brush
[学]Callistemon speciosus (Sims) DC.

フトモモ科の常緑低木または小高木。高さ3~6メートル。枝はやや細く、曲がりやすい。葉は互生し、披針(ひしん)形で長さ4~8センチメートル、先はとがり、全縁で革質。新葉は絹毛がある。5~6月、新枝の下部に長さ10~15センチメートルの穂状花序をつける。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚で小さい。雄しべは約50本、濃紅色で美しく、長さ約3センチメートルの長い花糸が目だつ。果実は枝の周囲に虫の卵のように多数つき、扁平(へんぺい)な球形で径約6ミリメートル、上部はへこみ、褐色に木質化して、いつまでも落ちない。オーストラリア原産。名は、英名のボトル・ブラッシュと同じ意味で、花序が瓶を洗うブラシに似るのでいう。
 本属の植物はカリステモンまたはブラッシノキとも総称され、オーストラリアに約30種分布する。日本には明治中期に数種が輸入された。ほかに、葉が線形または狭披針形で細く、花は濃紅色のマキバブラッシノキやハナマキ(キンポウジュ)などが、観賞花木として栽培される。繁殖は実生(みしょう)、挿木、取木により、実生の場合は2~3年目の枝の果実がよい。関東地方南部以西の暖地で栽培し、日当りのよい、やや乾いた所が適地である。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブラッシノキの関連キーワードメテロシデーロス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android