ブラッドワーディン(英語表記)Bradwardine, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラッドワーディン
Bradwardine, Thomas

[生]1290頃.
[没]1349.8.26. ロンドン
イギリスの聖職者,神学者,数学者。オックスフォード大学マートン・カレッジに学び,神学教授,名誉総長を務め,「大博士」と呼ばれた。 1335年以後教会関係の要職を歴任。百年戦争初期にエドワード3世の宮廷司祭として従軍,1349年カンタベリー大司教に任じられたが,黒死病で死亡。神学,数学に関する論文,著作が多く,ジョン・ウィクリフらの優れた人物を門下から輩出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッドワーディン
ぶらっどわーでぃん
Thomas Bradwardine
(1290―1349)

イギリスの神学者、数学者、自然哲学者。オックスフォード大学に学び、マートン・カレッジのフェロー、神学博士となる。1333年聖職につき、国王付き司祭を経て1349年カンタベリー大司教となるが、同年ペストで死去。1328年刊『運動における速さの比についての論考』で、速度の変化と力や抵抗といった原因の変化とを関連づける定式を与え、支持された。『連続について』では不可分・原子に反対している。神学上も名高く、主著は『神の原因について』。[高田紀代志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android