コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラフマサマージ ブラフマサマージ〈ヒンディー〉Brāhma Samāj

2件 の用語解説(ブラフマサマージの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブラフマ‐サマージ(〈ヒンディー〉Brāhma Samāj)

近代インド宗教改革団体。1828年、ラーム=モーハン=ローイ[1772~1833]がカルカッタ(現コルカタ)に設立。偶像崇拝を排して一神教を奨励するとともに、寡婦殉死などの諸悪習に反対した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ブラフマサマージ【Brahma Samāj】

近代インドの宗教団体の一。1828年ローイ(R. M. Roy1774~1833)により創設。唯一神を礼拝し、ヒンズー教の偶像崇拝を否定。多くの青年知識人を集め、社会改革運動に影響を与えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブラフマサマージの関連キーワードツンベリースティロライトアディノールワイマールシュレーゲル(兄弟)ズールー王国リバランス政策投票時間繰り上げ狩野芳崖高橋由一(ゆいち)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone