コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニカ百科事典 ブリタニカひゃっかじてん Encyclopædia Britannica

5件 の用語解説(ブリタニカ百科事典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリタニカ百科事典
ブリタニカひゃっかじてん
Encyclopædia Britannica

現存する英語による最古,最大の総合百科事典。日本の『ブリタニカ国際大百科事典』の原典。初版は 1768年12月からスコットランドエディンバラで分冊形式で発行され,1771年全3巻(約2500ページ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブリタニカひゃっかじてん〔‐ヒヤククワジテン〕【ブリタニカ百科事典】

Encyclopaedia Britannica》英国の百科事典。初版は1768年から1771年にかけて英国のエディンバラで刊行。当初は英国の学者の論文を集めたものであったが、版を重ねるごとに手が加えられ、世界的な百科事典となった。1975年に最初の外国語版として日本語版を出版。1981年にデジタル版、1994年にオンライン版の提供を開始。現在は米国のシカゴに本社を置くエンサイクロペディアブリタニカが出版している。2012年、第15版をもって書籍版の発行を終了し、電子版のみとなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリタニカ百科事典【ブリタニカひゃっかじてん】

英語による大項目式の代表的百科事典。《Encyclopaedia Britannica》。1768年―1771年英国のエディンバラで初版3巻を刊行。第9版25巻(1875年―1889年)は米国でも印刷され,第11版29巻(1910年―1911年)は英米共同編集となり,その後のスタイルの基本を確立した。
→関連項目百科事典

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブリタニカひゃっかじてん【ブリタニカ百科事典 Encyclopaedia Britannica】

世界的に有名な英語の百科事典。初版は全3巻,1768年から71年にかけて刊行された。エジンバラの版画家ベルAndrew Bell(1726‐1809)と印刷業者マックファーカーColin MacFarquhar(1745ころ‐93ころ)が,印刷業者で学者のスメリーWilliam Smellie(1740‐95)に編纂を依頼,2段組み四つ折本100分冊を毎週刊行する計画で出版を始め,完結後3巻にまとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリタニカ百科事典
ぶりたにかひゃっかじてん
Encyclopaedia Britannica

国際的な英語の百科事典。最初はイギリスで、のちアメリカで発行されている。1768~71年にエジンバラの銅版画家のベルAndrew Bell(1726―1809)が印刷業者のマックファーカーColin Macfarquharと共同で、100分冊各冊6ペンスで百科事典を発行したのが始まりである。この時代のイギリスは、ちょうどブルジョアジーの勃興(ぼっこう)期にあったため、この事典は紳士の教養を要求する階層に支持されて成功し、完成後は2200ページを三巻に製本して初版とした。一流学者の44論文と単行本からの抜粋からなったものである。その後、第9版は東洋学者スミスWilliam Robertson Smith(1846―94)の編集で外国人学者にも寄稿させて有名になり、第10版(1902~03)は本巻24巻に索引と補遺11巻をつけた全35巻として刊行され、ビクトリア女王時代を代表する百科事典となった。これは、丸善によって日本にも輸入され、『大英百科全書』として広くわが国の学者に知れ渡った。第11版はケンブリッジ大学出版局が引き受けて29巻とし、初めてインディア・ペーパーに印刷し、1910~11年に発行した。この版も第9版とともに各国学者の執筆協力を得ており、その水準の高さで世界的に有名になった。[彌吉光長]

第12版以後

第12版からはアメリカにあるシアーズ・ローバック株式会社の出資を仰ぎ、1928年には同社の経営に移って、シカゴを本社とし、ロンドンとニューヨークに編集局をもつようになったが、編集の面でも変化があった。すなわち、第11版刊行後の世界の急激な変化に対応するため、第14版で全体的な改稿、新版の刊行を終わり、36年から毎年必要箇所を改訂することにした。また、38年からは年鑑を発行して、旧版所有者にも便宜を図った。第15版(30巻)は74年に刊行されたが、書名もThe New Encyclopaedia Britanicaとなり、旧版は全面的に改められた。これは、総論・索引編ともいうべきプロペディアPropaedia(1巻、1万5000項目)、小項目編のマイクロペディアMicropaedia(10巻、10万2214項目)、マクロペディアMacropaedia(19巻、4207項目)の三部門からなり、有機的・体系的に把握できるようになっている。なお、この版の翻訳に新原稿を加えたものが『ブリタニカ国際大百科事典』(28巻、1972~75)として、わが国でも発行された。[彌吉光長]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ百科事典の関連キーワードエンサイクロペディア海国図志辞典セリグマン白粒岩状組織《New Encyclopaedia Britannica》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリタニカ百科事典の関連情報