コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリユアン散乱 ブリユアンさんらんBrillouin scattering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリユアン散乱
ブリユアンさんらん
Brillouin scattering

物質中に存在する超音波によって入射光の振動数が少しずれて散乱される現象。 1922年 L.ブリユアンが発見した。光の振動数が変るのは,波としてみれば音波によるドップラー効果のため,粒子としてみれば光子と超音波のフォノンとの非弾性散乱のためと考えられる。媒質屈折率n ,超音波の速度を u ,真空中の光速度を c ,入射光の振動数を ν0 とすると,散乱角 θ での光の振動数のずれ Δν は Δν=±(2nuν0/c) sin (θ/2) で与えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブリユアン散乱の関連キーワード非線形光学熱弾性波光速度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android