コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルガリア語 ブルガリアごBulgarian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガリア語
ブルガリアご
Bulgarian language

ブルガリアの国語。本国以外にもギリシアルーマニアウクライナなどに話し手がおり,話し手の総数は 800万人をこえる。スラブ語派に属し,セルボクロアチア語スロベニア語マケドニア語とともに南スラブ語群をなす。格による曲用がほとんど失われていること,後置定冠詞をもつことなどが文法上の特色。古期教会スラブ語が古期ブルガリア語と呼ばれることがあるが,現代のブルガリア語がその直接の子孫かどうかは疑問。語彙には,歴史を反映して,トルコ語からの借用がみられる。キリル文字を使用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルガリア語【ブルガリアご】

インド・ヨーロッパ語族の南スラブ語(スラブ語派)に属する言語。スラブ語中最も古い古代教会スラブ語による文献は10世紀から11世紀にブルガリア地方で書かれた。長くオスマン帝国領であったため,キリル文字(ロシア文字)による現代文語は19世紀後半に確立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルガリアご【ブルガリア語 Bulgarian】

ブルガリア共和国の基本住民であるブルガリア人の言語。母語とする人口は国内に約775万人(1978)で,これは総人口の約88%にあたる。また,ほかに旧ソ連を主とする国外に約50万人程度のブルガリア系住民が推計されている。ブルガリア語はインド・ヨーロッパ語族のスラブ語派に属し,マケドニア語とともに南スラブ語の東方分枝をなすが,南スラブ語としてセルビア・クロアチア語スロベニア語とも著しい親縁関係を示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブルガリアご【ブルガリア語】

ブルガリアの公用語。インド-ヨーロッパ語族のスラブ語派南スラブ語群に属する。古代ブルガリア語は古代教会スラブ語とも呼ばれ、全スラブ語の文章語としての地位を保った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルガリア語
ぶるがりあご
Bulgarian

ブルガリア共和国の言語。スラブ語派の南スラブ語群に属する。言語人口は約800万。文章語は1000年を超える長い伝統をもち、その最古層は、10~11世紀にブルガリアにおいて写本が作成された古代教会スラブ語と一致する。12世紀の文献にはすでにブルガリア語の言語体系における重大な変化(分析的言語への傾向)が反映されており、12~16世紀の中世ブルガリア文語は古代教会スラブ語と区別される。17~18世紀には古い文語の伝統を離脱し、生きた民衆語やトルコ語法を取り入れた新しい文章語が形成された。近代的な文章語の規範は19世紀の初頭に探求され、ブルガリア北東方言を基盤にしてロシア文語を手本とした現代ブルガリア標準文語は19世紀後半にその基礎が確立された。主要な言語的特徴は(1)名詞・形容詞の格変化形が消失し、格の関係が前置詞で表現されること、(2)後置冠詞によって名詞が限定されること(книга та「本」、език ът「言語」)、(3)動詞不定形の消失、(4)古い過去時制の保持――アオリスト(четох「私は読んだ」)、未完了(четах「私は読んでいた」)、完了(чел съм「私は読んでしまった」)、(5)スラブ祖語の*tj、*djがщ、ждとなること、(6)スラブ祖語の鼻母音*がъとなること、などである。[栗原成郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブルガリア語の言及

【マケドニア語】より

…マケドニア共和国の公用語で,スラブ語派の南スラブ諸語に属し,系統上はブルガリア語に最も近い。マケドニア人は共和国の総人口の66%余の約129万(1994)を占めるが,ほかに隣接するブルガリア西部とギリシア北部に合わせて30万以上のマケドニア語人口の存在が推定される。…

※「ブルガリア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルガリア語の関連キーワードCylillic Language Kitスターラ・プラニナ[山脈]ブルーノ モンサンジョンセルビア語/クロアチア語インド・ヨーロッパ語族ブルガリアの要覧ベリコ・タルノボ古代ブルガリア語スタラプラニナマケドニア問題アルファベットブルガリア文学ルーマニア語ブコフスキードナウ[川]バルカン山脈ドブルジアボゴミル派リラの僧院ドブロジャ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルガリア語の関連情報