コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルガン油田 ブルガンゆでん Burgan oil field

5件 の用語解説(ブルガン油田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガン油田
ブルガンゆでん
Burgan oil field

クウェート南部に位置する世界第2の規模の巨大油田。サウジアラビアガッワール油田が開発されるまでは世界最大の油田であった。1938年ガルフ・オイルとアングロ・ペルシアン石油(→BP)の合弁会社であるクウェート石油が発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブルガン油田【ブルガンゆでん】

クウェート南部の油田で,1937年クウェート石油会社によって発見された。第2次大戦で一時作業が中止されていたが,戦後再開,1946年初めてアフマディー港から石油が輸出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ブルガン油田

クウェート南部にある油田。1938年発見。埋蔵量は同国最大級で世界でも有数。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブルガンゆでん【ブルガン油田 Burgan】

クウェートにある油田で,中心部はクウェート市の南方約50kmに位置する。ブルガン,アフマディーAhmadī,マグワMagwaの三つのブロックから成るドーム構造で,大ブルガン油田と総称する。1937年ブルガン地区におけるクウェート石油会社(KOC。当時ガルフオイル社とブリティッシュ・ペトロリアム社の折半出資会社)の試掘井によって石油が発見され,51年マグワ地区,52年にアフマディー地区の試掘井が成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルガン油田
ぶるがんゆでん
Burgan

クウェート、クウェート市の南約50キロメートルに位置する。サウジアラビアのガワール油田に次ぐ世界第二位の大油田。面積約750平方キロメートルで、佐渡島(さどがしま)よりやや小さい。ブルガン、アハマディ、マグワの三地区からなり、埋蔵量は120億キロリットルと推定される。1937年10月試掘を開始し、1938年4月に成功し、大油田が発見された。1946年の生産開始以来、約2億7000万キロリットルの原油を産出したと推定され、今後100年以上の寿命をもつと考えられる。クウェートから日本の原油輸入量は349.8万キロリットル(1983)であった。[田中正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルガン油田の関連キーワードウェーバアウェーアハマディアルシャルクマーケット解放タワークウェートタワーファハドアルサレム通りマリーナワールドメシラビーチムバーラク(クウェート)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルガン油田の関連情報