コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーベリ Vruber', Mikhail Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーベリ
Vruber', Mikhail Aleksandrovich

[生]1856.3.
[没]1910
ロシアの画家。ペテルブルグ大学哲学を学び,1880年以降画家に転向。 76,92,94年にフランスイタリアを旅行。象徴主義的な画風神話の人物などの幻想的な主題を描き,19世紀末の画壇の中心として活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルーベリ【Mikhail Aleksandrovich Vrubel'】

1856‐1910
ロシアの幻想画家。移動展派のひとり。ペテルブルグ大学法学部卒業後,美術アカデミーに入りP.P.チスチャコフに師事(1880‐84)。1884‐89年キエフのキリロフスカヤ教会堂,ウラジーミル聖堂のイコンと壁画の復元をまかされた。89年モスクワに移り,アブラムツェボ派に加わる。S.I.マーモントフのオペラ劇場の舞台美術を担当。オペラや神話,叙事詩,聖書,文学作品を題材とした優れた絵画を残した。ニーチェの思想や世紀末退廃思潮の影響も大きく,描かれる人物は寓意的であり,色彩は幻想性を帯びている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルーベリ
ぶるーべり
Михаил Александрович Врубель Mihail Aleksandrovich Vrubel'
(1856―1910)

ロシアの画家。オムスクの軍人の家庭に生まれ、ペテルブルグ美術アカデミーでチスチャコフに師事。早くから才能を認められ、キエフのキリロフスキー修道院の壁画修復を行った。その後モスクワへ移り、マーモントフの私立オペラ劇場での舞台制作を担当、一連の大装飾パネルを完成した。神話、英雄叙事詩、聖書、プーシキン、レールモントフ、シェークスピア、ゲーテなど文学作品をテーマとした多くの作品を手がけ、その強烈な個性と大胆な構図で独自の美的世界を確立した。『悪魔』(1890)、『サルタン王物語』(1900)、『ライラック』(1900、いずれもモスクワ、トレチャコフ美術館)は有名。陶器やガラスを素材とする作品も制作している。[木村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブルーベリの関連キーワードセローフ(Valentin Aleksandrovich Serov)明治ブルガリアヨーグルトケーキひとくちタイプMEGMILK輝くブルーベリーのむヨーグルトブルーベリーのタルト チーズケーキ仕立てさわやかなベリーのカスタードケーキ大粒ブルーベリーの脂肪0ヨーグルト3種のベリー、とろけるキャラメルMEGMILK牧場の朝ヨーグルト森永 ブルーベリーのむヨーグルト森永 ビヒダスヨーグルト脂肪0白バラブルーベリーヨーグルト贅沢ブルーベリーとヨーグルト森永クリーミィーヨーグルト朝食ブルーベリーヨーグルトクラフト小さなチーズケーキ里の自然村 ルーラル吉瀬明治ブルガリアヨーグルト地域宣伝隊コダレンジャーおいしくうるおうのど飴ブルーベリーシガレット

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーベリの関連情報