コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレナン ブレナン Brennan, Christopher John

3件 の用語解説(ブレナンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレナン
ブレナン
Brennan, Christopher John

[生]1870.11.1. シドニー
[没]1932.10.5. シドニー
オーストラリアの詩人,古典学者。シドニー大学教授。ドイツに遊学,象徴主義などヨーロッパの文学運動をオーストラリアに導入することに貢献。『詩集』 Poems (1914) そのほかがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブレナン
ブレナン
Brennan, William Joseph, Jr.

[生]1906.4.25. ニュージャージー,ニューアーク
[没]1997.7.24. バージニアアーリントン
アメリカの法律家,1952~56年ニュージャージー州最高裁判所判事,56~90年連邦最高裁判所准判事。その後 60年代に言論の自由反トラスト法の強力な執行,出獄後の人間指導でリベラルな意見を表明し続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレナン
ぶれなん
Christopher John Brennan
(1870―1932)

オーストラリアの詩人、批評家。シドニー生まれ。シドニー大学で哲学を修め、ドイツ留学二か年後、母校でドイツ文学比較文学を講じ、シュレーゲルノバーリスマラルメらヨーロッパの知性を、この国に初めて紹介した。また相愛のドイツ娘(のちに夫人)の渡来を待つ4年間に、詩の傑作を生んだといわれる。『詩18編』(1897)、『源(みなもと)に向かいて』(同)から『運命の歌ほか』(1918)まで多くの詩集を刊行したが、死後、研究者の手により『詩集』(1960)、『散文集』(1962)に集大成された。[平松幹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレナンの関連キーワードチャージャーニュージャージーニュージョージアニュージーランド海驢じゃーじゃじゃーみーソルジャー・ボーイオペロンジャージニュージャージー[州]ニューヨーク・ニュージャージー港湾公団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレナンの関連情報