ブンタン

改訂新版 世界大百科事典 「ブンタン」の意味・わかりやすい解説

ブンタン (文旦)
pummelo
shaddock
Citrus grandis Osbeck

ミカン科の常緑果樹で最も大きな果実をつけるかんきつ類。ザボンボンタン,ウチムラサキ(内紫)などの異名がある。一般に樹勢強く大木になるが品種によりやや矮性(わいせい)。耐寒性は一般に弱い。通常,緑枝,子房などには細かい毛がある。葉も翼葉も大きい。花は大きくて総状花序の房咲きになる。白色だが,アントシアンanthocyan色素を含み,いくぶん青みをおびる。4弁花が多い。果実は大果で1kg前後のものが多いが,2~3kgになる品種もある。果皮色は黄白色から黄色。果皮厚く,普通1~2cmで,苦味のあるものが多い。瓤囊(じようのう)は厚く,その数は他種に比べ多く,15前後。肉質はグレープフルーツに比べ硬い。果肉の赤色系色素はリコピンlycopeneである。種子は白色,単胚。種子数は多いが,単為結果性があり,種子のない無核果も生じる。

 マレー半島からインドネシアが原産地といわれる。中国南部には早い時代に伝播(でんぱ)し,日本には江戸時代に南方から果実で持ち込まれ,実生から独特の品種が生じたが,明治以降,さらに台湾,中国南部から優良品種が穂木で導入された。ザボンの名はポルトガル,スペイン語zamboaの転訛語で,zamboaはセイロン語のjamboleに由来するという。おもに東南アジア,中国南部,台湾,日本で栽培され,品種が分化発達した。自然雑種が多く,果形で球形~扁球形のものとセイヨウナシ形のものに,果肉で有色(赤~桃色)種と白肉種に,食味で1%前後の酸味のあるものと無酸(0.1%程度)のものに大別される。栽培品種にはタイのカオパン,カオファン,中国の沙田柚(しやてんゆ),台湾の麻豆(まとう)文旦,マレーシア原産の晩白柚(ばんぺいゆ)(熊本県で栽培),平戸(ひらど)文旦,江上(えがみ)文旦(長崎),土佐文旦(別名法元(ほうげん)文旦),水晶文旦(高知),本田文旦(別名阿久根(あくね)文旦(鹿児島))などがある。近縁種には安政柑(広島),大橘(おおたちばな),ジャガタラ柚(別名獅子柚(ししゆず)),谷川文旦,晩王柑(ばんおうかん)などがある。ほかにも近縁品種は多い。

 ほとんど生食にされる。赤肉種はデザートの彩りに使える。日本では約9000t生産され,砂糖漬文旦漬)にもされる。大果でりっぱなうえ特有の香りがあるため置物にもされる。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

栄養・生化学辞典 「ブンタン」の解説

ブンタン

 [Citrus grandis].ボンタン,ザボンなどともいう.ムクロジ目ミカン科ミカン属に属する柑橘類一つ

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ブンタン」の意味・わかりやすい解説

ブンタン
ぶんたん

ザボン

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ブンタン」の意味・わかりやすい解説

ブンタン

ザボン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のブンタンの言及

【かんきつ類(柑橘類)】より

…また,インド大陸にはパペダ類のようなかんきつ類の原始型が分布しているが,オーストラリアにはミカン属,キンカン属,カラタチ属は原生せず,近縁のミクロシトラス属Microcitrus,エレモシトラス属Eremocitrusが分布している。現在の主要かんきつ類であるライム,ブンタン,レモン,シトロン,スイートオレンジ(以下オレンジ),ダイダイ(サワーオレンジ),ポンカンなどはインド北東部のアッサムを中心とする地域からブラフマプトラ川流域で,またカラタチやユズは長江(揚子江)上流地域で,キンカンは東南アジアから中国南部で生じたと考えられている。これらのかんきつ類から,自然交雑や突然変異で多くの品種が起源・育成されてきたと考えられる。…

※「ブンタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android