コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーベ ブーベBouvet, Joachim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーベ
Bouvet, Joachim

[生]1656.7.18.
[没]1730.6.28.
フランス出身のイエズス会宣教師。中国名は白進,白晋。康煕 26 (1687) 年,中国の寧波に到着したルイ 14世派遣のフランス宣教師団の一人として,翌年北京に入った。まもなく幾何学その他の学術によって康煕帝の信任を得,多くのフランス宣教師の招聘を命じられた。このため同 32年に出発し,同 38年に 10人の宣教師を同伴して中国に帰着した。のち大規模な実測による『皇輿全覧図』 (1717完成) 作成に協力,著書のなかでは『康煕帝伝』 (1697) が,西洋人による中国皇帝観を知るうえで注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブーベ【Joachim Bouvet】

1656‐1730
フランスの宣教師。漢名を白晋もしくは白進という。フランスのルイ14世の命により,ド・フォンタネJean de Fontaneyを団長として中国に派遣された6人のフランス人イエズス会宣教師の一人で,1687年(康熙26)に中国に着き,翌年には北京で清朝第2代の康熙帝に拝謁した。康熙帝の親任を受け,側近にあってユークリッド幾何学などを進講した。康熙帝はヨーロッパの科学文明に深い関心を持ち,さらに多くの宣教師の渡来を望んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーベ
ぶーべ
Joachim Bouvet
(1656―1730)

フランス生まれのイエズス会士。漢名は白晋(はくしん)、白進。ルイ14世派遣の宣教師団の1人として1688年北京(ペキン)に入り、以後布教にあたるとともに宮廷で奉仕し、清(しん)の康煕(こうき)帝にユークリッド幾何学、解剖学などを進講した。94年いったんフランスに向かって中国を離れた。98年多数のイエズス会士とともにフランス船で広州に到着した。『皇輿全覧図(こうよぜんらんず)』の作製にあたっては、モンゴル地方、長城一帯の測量を担当した。彼がフランス滞在中に公刊したのが『康煕帝伝』で、清朝史研究に欠かすことのできない名著である。[矢澤利彦]
『後藤末雄訳、矢澤利彦校注『康煕帝伝』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブーベの関連キーワードクラウディア カルディナーレカルロ ルスティケッリブライナイグウェントジョージ チャキリスライオンは寝ているカルロ カッソーラ大西洋中央海嶺ジャルトゥー仲田 定之助ブーベ[島]カッソーラ後藤末雄ブーベ島カンボンレジス大西洋ラネリ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブーベの関連情報