コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーン Boone, Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーン
Boone, Daniel

[生]1734.11.2. ペンシルバニア,バークス
[没]1820.9.26. ミズーリ,セントチャールズ
アメリカのフロンティア開拓者。 1750年ノースカロライナに移り,67,69~71年ケンタッキー地方を探検。 73年数家族を率いてケンタッキーに移住を試みたがチェロキー・インディアンの攻撃を受けて,息子を含む2人が殺され,計画を断念した。 75年 14番目の植民地の建設をねらったトランシルバニア会社に雇われ,再びケンタッキーへの移住民を指揮し,インディアンの攻撃を排除して,現在のブーンズバラに砦を築き,白人のケンタッキー進出の足場を築いた。 80年彼の土地所有権は無効と判定され,ウェストバージニアに移ったのち,99年現在のミズーリに再移住。 1814年議会より同地での土地所有権を認められた。 23年イギリスの詩人 G.バイロンに歌われて以来世界的にその名を知られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブーン

米国の開拓時代のフロンティア・ヒーロー。青年時代から狩猟従事足跡はカナダ国境からフロリダに及んだ。1767年以後アパラチア山脈を越えてケンタッキーに進出し,1770年代末には一家をあげて移住,多くの開拓地を創建し,西部進出の先駆者といわれるが,トール・テール(ほら話)の神話的ヒーローとして知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ブーン

ダイハツ工業が2004年から製造、販売している乗用車。5ドアの小型ハッチバック。トヨタとの共同開発。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブーン【Daniel Boone】

1734‐1820
アメリカの辺境開拓者。鉄砲の名手といわれ,測量にも秀でていた。ケンタッキーの〈発見〉者という俗説は誇張だが,1767年にはこの地方に足を踏み入れ,探検やわな猟などに従事,75年には開拓隊を引き連れてブーンズボロを建設した。78年,インディアンに捕まったが5ヵ月後に脱出,一躍名をあげた。法律上の不備からその土地を失い,99年,ケンタッキーにも人が多くなりすぎたとしてミズーリに移住した。彼自身,自分の冒険をトール・テールで語り続け,死んだときには,すでにアメリカの神話的なヒーローとなっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーン
ぶーん
Daniel Boone
(1734―1820)

アメリカの西部開拓者。ペンシルベニア、レディング付近のクェーカーの家に生まれる。フレンチ・アンド・インディアン戦争(1754~63)初期の1755年、イギリスのブラドック将軍が率いるオハイオ遠征軍に参加。67年以降ケンタッキー地方の開拓に加わり、75年、ケンタッキー川流域、現在のブーンズボロの町に砦(とりで)を築いた。98年ごろミズーリ地方に移住し、そこの開拓に従事した。ライフルの名手、またインディアン殺しの勇者として名をはせ、フロンティアの伝説的英雄とされている。[白井洋子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブーンの関連キーワードフッカー(John Lee Hooker)フィオドール ロジャンコフスキードミノ(Fats Domino)エイント・ザット・ア・シェイムブルー・レディーに紅いバラきっと、星のせいじゃない。ジュリアン シュナーベルスピーディー・ゴンザレスベロニカ カートライトロング・トール・サリージェームズ ドーハティステラ・D. ギボンズアイル・ビー・ホーム砂に書いたラブレタージェームス レマーペニー ジョーダンノイズリダクションエディ ビンソンセントチャールズスタン リービー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブーンの関連情報