コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プイマノバー プイマノバー Pujmanová, Marie

2件 の用語解説(プイマノバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プイマノバー
プイマノバー
Pujmanová, Marie

[生]1893.6.8. プラハ
[没]1958.5.19. プラハ
チェコの女流小説家。近代チェコ散文の代表的作家。プラハの小市民的環境をテーマにした物語から出発し,少年時代,青春期の心理を描いた作品で知られる。代表作は『予感』 Předtucha (1942) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プイマノバー
ぷいまのばー
Marie Pujmanov
(1893―1958)

チェコスロバキアの女流作家、詩人で批評家。小市民の家庭をテーマにした『翼(つばさ)の下で』(1917)や、青春期の若い人たちの問題を描く『予感』(1942)などを発表、のちに社会的因習や道徳的偏見に抗議する『ヘーゲル博士の女患者』(1931)で知られる。代表作には三部作、『十字路に立つ人々』(1937)、『火との遊び』(1948)、『死に立ち向かう生』(1952)がある。[千野栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プイマノバーの関連キーワードプラハのオルロイコーリャ/愛のプラハプラハ室内管弦楽団プラハテレビタワープラハ・フィルハーモニアプラハマラソンプラカ岩ラプラスの継続の法則ラプラスの連続の法則プラハ言語学派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone