コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プチジャン Petitjean, Bernard Thadée

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

プチジャン Petitjean, Bernard Thadée

1829-1884 フランスの宣教師。
1829年6月14日生まれ。文久2年(1862)パリ外国宣教会の派遣で来日,翌年横浜から長崎にうつる。大浦天主堂建設につくし,浦上隠れキリシタンを発見。慶応2年日本代牧,明治9年南緯教区代牧となる。多数のプチジャン版とよばれる宗教書を刊行した。明治17年10月7日長崎で死去。55歳。オータン神学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プチジャン
ぷちじゃん
Bernard Thade Petitjean
(1829―1884)

フランスのパリ外国宣教会宣教師。開国後の1863年(文久3)那覇(なは)に上陸、同年長崎に渡った。1865年(慶応1)の大浦天主堂建立に従事し、同年3月17日、浦上(うらかみ)の潜伏キリシタンと劇的な邂逅(かいこう)をした。翌年日本司教となりキリシタン復活に努めたが、1867年の浦上四番崩れ、1870年(明治3)の浦上信徒20藩22か所配流(はいる)などの迫害に直面して、信徒の激励とその釈放に奔走、1873年の禁令撤廃まで苦難の日を送った。この間、二度ローマを往復し、さらに1867年にもローマに赴き、日本教会を北緯と南緯に二分する許可を得て、南緯教会の司教となり、その発展に献身した。1884年(明治17)10月長崎で没し、浦上天主堂内に葬られた。なおその業績は教育事業に及び、サン・モール修道女会や、のちに信愛女子学院を設立する「ショファイユの幼きイエズス会」などの誘致に尽力した。[磯見辰典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プチジャンの関連キーワードキリシタン関係主要人名浦上とキリスト教キリシタン用語集ローケーニュプティジャン下村鉄之助森松次郎信徒発見フューレボルジア杉本ゆりド=ロ

プチジャンの関連情報