コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プティジャン Petitjean, Bernard Thadée

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プティジャン
Petitjean, Bernard Thadée

[生]1829.6.14. ブランジー
[没]1884.10.7. 長崎
日本で活躍したフランス宣教師。 1852年司祭,59年パリ外国宣教会入会。文久3 (1863) 年長崎に上陸。元治2 (65) 年大浦天主堂完成とともに旧信徒 (隠れキリシタン末裔) を発見。翌年日本の教皇代理,司教となった。同3年浦上四番崩れが起り,ローマにおもむいた。明治2 (69) 年バチカン公会議に出席。その間に浦上の全信徒が流罪に付され,同3年再来日してその釈放に尽力。 1876年ローマに渡って日本教区の分割を申請し,認められて翌年帰任。大阪に司教座を定め,長崎に定住。多くの宗教書を刊行

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プティジャン(Bernard Thadée Petitjean)

[1829~1882]フランスの宣教師。文久3年(1863)来日。長崎に大浦天主堂を建立。慶応2年(1866)から日本司教となり各地で布教、宗教書籍の刊行に尽力。長崎で没した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プティジャン

フランス人宣教師。パリ外国宣教会士。1860年那覇に渡来し,1863年長崎に上陸。大浦天主堂建設に尽力し,1865年献堂式を挙行,同年潜伏キリシタンの浦上信徒を発見した(キリシタンの復活)。
→関連項目浦上崩れ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

プティジャン

没年:明治17.10.7(1884)
生年:1829.6.14
幕末に来日したパリ外国宣教会(カトリック)宣教師。フランス・オータン神学校卒。万延1(1860)年那覇着。文久2(1862)年横浜に上陸,翌年長崎に移り大浦天主堂建築に尽力。慶応1(1865)年,250年ぶりに潜伏キリスト教信徒を発見する。教会用語問題で横浜漢訳版に反対し,復帰信徒の伝統保存を主張,キリシタン用語版を長崎で刊行,これらはプティジャン版と呼ばれている。「浦上四番崩れ」で迫害されている信徒救出に奔走した。慶応2年日本教皇代理,名義司教などを務める。日本カトリック再布教の先駆者。長崎で永眠,大浦天主堂に埋葬された。『プチジャン司教書簡集』がある。<参考文献>江口源一『キリシタン復活の父,プティジャン司教』

(大江満)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プティジャン【Bernard Thadée Petitjean】

1829‐84
フランス人宣教師。パリ外国宣教会神父として1863年(文久3)長崎に上陸し,すでに大浦天主堂の建設に着手していたフュレLouis‐Théodore Furet(1816‐1900)神父と協力して65年2月19日その献堂式を挙行,同年3月17日には天主堂の聖母像の前で浦上の〈隠れキリシタン〉を発見し,劇的なキリシタン復活が起こった。この後,長崎,五島地方で数多くの信者が発見され,プティジャンはその指導に専念する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プティジャン【Bernard Thadée Petitjean】

1829~1884) フランス人宣教師。1863年長崎に来て、大浦天主堂を建立、潜伏キリシタンを復活させ、迫害下の教会を指導。プティジャン版と呼ばれるキリシタン文献を出版。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

プティジャンの関連キーワード6月14日杉本ゆり阿部真造ド・ロ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プティジャンの関連情報