コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラズマ化学 プラズマかがく plasma chemistry

1件 の用語解説(プラズマ化学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プラズマかがく【プラズマ化学 plasma chemistry】

プラズマ中には電離によって生じたイオンと電子のほか,電子エネルギーが励起された原子や分子,遊離基などが存在するので,これら活性な化学種によって化学反応を誘起することができる。このような形でプラズマを化学反応に利用する分野をプラズマ化学と呼ぶ。プラズマ化学で使われるのは核融合プラズマと比べれば温度が低いものであるが,気体温度がプラズマの電子温度にほぼ等しく1万K程度である熱プラズマ(熱平衡プラズマ)と,気体温度が電子温度より低く1000K前後である低温プラズマ(非平衡プラズマ)に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラズマ化学の関連キーワード電離箱プラズマエッチング電離作用電離電流プラズモンプラズィオンプラズマクラスタープラズマクラスターイオン発生器イオン篩効果プラズマクラスターイオン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone