コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラタイアイの戦い プラタイアイのたたかい Battle of Plataiai

3件 の用語解説(プラタイアイの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラタイアイの戦い
プラタイアイのたたかい
Battle of Plataiai

前 479年アケメネス朝ペルシア軍とギリシア軍との間で行われた戦闘。アッチカ平野と境を接するボイオチア地方の一都市プラタイアイの近郊で戦われた。前 480年ペルシアの第3次ギリシア侵攻が失敗に帰したのち,マルドニオス配下の残留ペルシア軍は,アテネとの講和の試みが失敗すると攻撃に転じ,両軍はプラタイアイで戦闘に突入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プラタイアイ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【プラタイアイの戦い】

前479年、ギリシャボイオティア南部、プラタイアイ(Plataiai)で行われたペルシア・ギリシャ両軍の決戦。スパルタの名将パウサニウスが指揮するギリシャが大勝し、ペルシア戦争の勝利が決定的となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラタイアイの戦い
ぷらたいあいのたたかい

サラミスの海戦(前480)の翌年に戦われたペルシアとギリシアとの陸上の戦い。海戦に敗れたペルシア王クセルクセスは、マルドニオスを将とした陸軍を残してアジアに撤退した。紀元前479年春、アッティカとボイオティアの境にあるプラタイアイPlataiaiで、スパルタパウサニアスが率いるギリシア軍約8万とペルシア軍約10万とが会戦し、優秀な重装歩兵を擁するギリシア軍の勝利となった。サラミスの海戦に続くこの戦闘で、ギリシアはペルシアの侵入を海陸において最終的に撃退しえたのである。[豊田和二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラタイアイの戦いの関連キーワードアケメネス朝パサルガダエペルシア帝国マウソロスマルドニオスキュロス二世ダレイオス波斯ペルシアメムノン[ロドスの]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone