コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラタイアイの戦い プラタイアイのたたかいBattle of Plataiai

3件 の用語解説(プラタイアイの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラタイアイの戦い
プラタイアイのたたかい
Battle of Plataiai

前 479年アケメネス朝ペルシア軍とギリシア軍との間で行われた戦闘。アッチカ平野と境を接するボイオチア地方の一都市プラタイアイの近郊で戦われた。前 480年ペルシアの第3次ギリシア侵攻が失敗に帰したのち,マルドニオス配下の残留ペルシア軍は,アテネとの講和の試みが失敗すると攻撃に転じ,両軍はプラタイアイで戦闘に突入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プラタイアイ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【プラタイアイの戦い】

前479年、ギリシャボイオティア南部、プラタイアイ(Plataiai)で行われたペルシア・ギリシャ両軍の決戦。スパルタの名将パウサニウスが指揮するギリシャが大勝し、ペルシア戦争の勝利が決定的となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラタイアイの戦い
ぷらたいあいのたたかい

サラミスの海戦(前480)の翌年に戦われたペルシアとギリシアとの陸上の戦い。海戦に敗れたペルシア王クセルクセスは、マルドニオスを将とした陸軍を残してアジアに撤退した。紀元前479年春、アッティカとボイオティアの境にあるプラタイアイPlataiaiで、スパルタパウサニアスが率いるギリシア軍約8万とペルシア軍約10万とが会戦し、優秀な重装歩兵を擁するギリシア軍の勝利となった。サラミスの海戦に続くこの戦闘で、ギリシアはペルシアの侵入を海陸において最終的に撃退しえたのである。[豊田和二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プラタイアイの戦いの関連キーワード南朝マルドニオスミュカレの戦南朝百済(くだら 朝鮮)任那(みまな)ISO14000孔子はまなす孔子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone