コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロフィンテルン プロフィンテルン Profintern

6件 の用語解説(プロフィンテルンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロフィンテルン
プロフィンテルン
Profintern

1921年に設立された赤色労働組合の国際的組織。赤色労働組合インターナショナル Internatsional Professionaljnykh Sojuzovの略称。 20年7月モスクワに集ったソビエトロシアイタリアスペインユーゴスラビアブルガリアの労働組合代表は,アムステルダムインターナショナルとは異なった革命的な労働組合の国際組織を結成することを宣言し,社会主義革命の達成とプロレタリア独裁の樹立を目的とする基本方針を明らかにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロフィンテルン(〈ロシア〉Profintern)

1921年、コミンテルンの指導下に結成された左翼系労働組合の国際組織。本部はモスクワ。1937年に解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロフィンテルン

1921年コミンテルンの指導下に結成された労働組合インターナショナルの略称。赤色労働組合インターナショナルとも。結成大会には42ヵ国の代表が参加,最盛時には約1600万人を組織。
→関連項目インターナショナル(政治)日本労働組合全国協議会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロフィンテルン【Profintern】

赤色労働組合インターナショナルKrasnyi internatsional profsoyuzovの略称。1921年7月~37年12月の期間,コミンテルンの指導下に創立され活動した革命的国際労働組合組織。1919年発足の改良主義的なアムステルダム・インターナショナル(国際労働組合連盟)に対抗し,(1)ソ連,ブルガリアなどアムステルダム・インターに加盟しなかった組織,(2)フランス統一労働総同盟のような,改良主義的ナショナル・センターから排除された組合,(3)改良主義的組合内の左翼反対派を結集し,25年には40ヵ国1300万人の組合員を傘下においていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プロフィンテルン【Profintern】

赤色労働組合インターナショナル。社会主義革命を目指す革命的労働組合の国際組織として、1921年コミンテルンの指導下に結成。本部モスクワ。37年解散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロフィンテルン
ぷろふぃんてるん
Profintern

赤色労働組合インターナショナルКрасный интернационал профсоюзов/Krasny internatsional profsoyuzovの略称。ロシアの十月革命(1917)とそれに続く全世界の労働運動の革命的高揚を背景にして1921年7月モスクワで創立、本部もモスクワに置かれた。その直接の母体となったのは20年にモスクワで結成された国際職業別・産業別労働組合評議会であった。加盟したのはソ連やブルガリアのそれのような革命的労働組合、フランス統一労働総同盟のようにアムステルダム・インターナショナル傘下組合から除名された戦闘的組合、ならびにアムステルダム・インターナショナル傘下組合内の革命的反対派であった。日本では日本労働総同盟(総同盟)内の「レフト」、日本労働組合評議会(評議会)がこれと連携をもち、日本労働組合全国協議会(全協)が正式加盟していた。
 プロフィンテルンは、初めはかならずしもアムステルダム・インターナショナルに対抗する別個の国際労働組合組織として創立されたのではなく、全世界の労働組合運動を戦闘化、革命化しつつ統一することを目ざす宣伝・教育活動にその主眼を置いていた。ソ連労組内にはこれをコミンテルンの組織の一部にするとか、両組織の執行委員を相互交換するという意見が強かったが、こうした政党と労働組合を混同する見解は克服され、両者を自主的なものとして組織し、両者が協力・共同するという原則にたってこそ、労働者階級は最大限にその力量を発揮できることを明らかにした。
 それはまた、産業別組織を独占資本主義段階における労働組合の主要組織形態と規定し、産業別組織化運動の先頭にたつとともに、アムステルダム・インターナショナルがその活動を西欧の資本主義国に限る傾向があったのとは対照的に、植民地・半植民地諸国における組織化運動に力を注ぎ、中国、インド、エジプト、チュニジア、ラテンアメリカ諸国などの労働組合運動の発展に大きく貢献した。
 1928年以後プロフィンテルンは一時セクト主義的・極左主義的傾向に陥り、改良主義的組合を「資本主義の学校」と規定して、左翼反対派をこれから脱退させる方針をとったが、35年以降、こうした過ちを克服し、反戦・反ファシズムのため労働組合の行動統一と組織統一を実現するために全力をあげ、労働組合戦線統一に成功したフランスの例にみるように、順次傘下組織を切り離し、37年12月に解散した。[中林賢二郎]
『G・M・アディベコフ著、梅田美代子訳『プロフィンテルン小史』(大月書店・国民文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプロフィンテルンの言及

【労働運動】より

…これは各国の共産党を支部とし,モスクワの本部に指導権を集中する中央集権的な組織であり,その後の国際的革命運動によかれあしかれ絶大な影響を及ぼした。コミンテルンの影響下に赤色労働組合インターナショナル(プロフィンテルン)が1921年に組織されている。 こうして国際労働運動は社会民主主義系と共産主義系の二つの組織に分裂し,この対立は今日まで尾をひいている。…

※「プロフィンテルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロフィンテルンの関連キーワードインターナショナル国際労働組合連盟赤色労働組合インターナショナルナショナル・センター赤色組合第一インターナショナルナショナルセンターアムステルダムインターナショナルナルミヤ・インターナショナルカード赤色労働組合

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone