コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロモーション promotion

翻訳|promotion

デジタル大辞泉の解説

プロモーション(promotion)

助長。推進。奨励。「セールスプロモーション
販売促進のための宣伝資料。「プロモーショングッズ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マーケティング用語集の解説

プロモーション

消費者に製品やサービスを認識させ、購買へと誘導するための活動のこと。
マーケティング・ミックスを構成する4Pのひとつ。消費者と企業のコミュニケーションを実現するための主要チャネル。具体的には、広告、人的販売、販促、広報、セールスプロモーションなどがあります。一つ一つの施策をばらばらに行うのではなく、一貫性を持ったプロモーション・ミックス、マーケティング・ミックスを行うことが必要です。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

マーケティング用語集の解説

プロモーション

宣伝活動全般。「セールスプロモーション」は販売促進を指し、広告やダイレクトメール、Eメールなど、目的に応じて様々な媒体を活用し、顧客にアプローチを行う。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

流通用語辞典の解説

プロモーション【promotion】

広義の販売促進の定義にあたるマーケティングの戦略分野を包括するもので、主な内容は、広告、PR、販売員による販売、それらを補足し調整し、より効果的にする一連の活動として狭義の販売促進の諸方法を含めたすべてから成り立っている。販売業者に働きかけるディーラー・プロモーションと、消費者に働きかけるコンシューマー・プロモーションに大別される。前者は、販売効率を高め、売上の増大を目的とする。後者は、商品に関心を抱かせ、必要だとする気持ちにまで高め、購入を決意させることを目的としている。狭義のプロモーションはつぎのような項目がある。(1)期間限定値引き、(2)サンプル品提供、(3)懸賞(スィープステーク)、(4)オンパックまたはインパック、(5)リファンド(空瓶回収に対する返金)、(6)ボーナスがある。プロモーションは、9Pのひとつ。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

プロモーション

広義では広告、販売促進、パブリシティ、人的販売の総称。狭義では販売促進、販売施策という意味で使われる。商品(サービス)を市場に出す際に、何種類ものプロモーションを用意してそれぞれ管理し効率を追及することをプロモーション・ミックスという。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

プロモーション【promotion】

販売を促進するために活動すること。また、その活動。 「セールス--」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のプロモーションの言及

【癌】より

…癌細胞の生活史の長さを示唆する事実である。 発癌実験の観察では,癌の発生はイニシエーションinitiation(起始)とプロモーションpromotion(促進)という二つの段階に分けることができる。イニシエーションは,DNAに起こる突然変異で,短時間に起こり,不可逆的に残る。…

※「プロモーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロモーションの関連キーワードプロモ [promotion]<ギョーカイ用語>ダイレクト・トゥ・コンシューマー・プロモーションギフト・ウィズ・パーチャス・オファーワンタイム・ユース・オブ・リストリエンロールメント・メーリングクリティカル・パス・メソッドリニューアル・プロモーションマーケティングエージェンシー専門学校文化デザイナー学院購入時点のプロモーションパーソナルブランディングイベント・プロモーションタイイン・プロモーションクロス・プロモーションディスクリミナント分析シェアード・メーリングジャンク・ファックスネット・レスポンスミュージックビデオセオ・リン オーイ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロモーションの関連情報