ヘスティア(英語表記)Hestia

翻訳|Hestia

百科事典マイペディアの解説

ヘスティア

ギリシア神話のを守り家政をつかさどる処女神。クロノスとレアの娘。各ポリスの市庁にも彼女にささげる聖なる火を燃やす炉があった。ローマの女神ウェスタVestaと同一視される。その神官団をウェスタリスVestalisといい,大きな権威を誇った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘスティア【Hestia】

ギリシア神話の炉の女神。オリュンポスの十二神のひとり。クロノスとレアの長女として生まれた彼女は,ポセイドンとアポロンの2神に求婚されたが,弟にあたるゼウスにすがって永遠の処女を守る誓いをたてた。そこでゼウスは,結婚の喜びのかわりに,彼女がすべての人間の家でその中央に座を占め,犠牲の最良の部分を得ること,またすべての神殿で他の神々と栄誉をわかつことを定めたという。古代人の理解するところでは,ポリス(都市国家)は家の大きな集合にすぎなかったから,各家庭に炉があるように,ポリスもまた国家としての炉をもつ必要があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘスティア【Hestia】

ギリシャ神話のオリンポス十二神の一。炉の意。炉の女神。クロノスとレアの長女。ローマ神話のウェスタと同一視される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘスティア
へすてぃあ
Hestia

ギリシア神話のかまどの神。ローマ神話のウェスタと同一神で、クロノスとレアの長女。アポロンとポセイドンに求婚されたが、彼女はゼウスから永遠の処女を守る許しを得、さらにすべての家と神殿において崇拝される権利を授けられた。かまどが家庭生活の中心であるのと同様、ヘスティアは神々の住まいの中心的位置を占め、したがって他の神々が世界中を歩き回るのに対し、彼女はつねにオリンポスにとどまった。それゆえ、この女神には神話がない。彼女は人格神としてではなく、「かまど」という観念の擬人化として宗教的に重要な役割を果たした。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘスティアの言及

【ウェスタ】より

…古代ローマのかまどの女神。ギリシア神話のヘスティアにあたる。彼女は各家庭で崇拝されると同時に,国家のかまどの女神としてローマ人の精神的支柱の一つであった。…

※「ヘスティア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android