コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビウ ヘビウ Anhingidae; darters, anhingas

2件 の用語解説(ヘビウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビウ
ヘビウ
Anhingidae; darters, anhingas

カツオドリ目ヘビウ科の鳥の総称。全長 80~100cm。4種からなり,南北アメリカアフリカ中東から東南アジアニューギニア島からオーストラリアに 1種ずつ生息する。体形も羽色によく似ているが,ウより頸が長く,体も細長い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビウ
へびう / 蛇鵜
darteranhinga

鳥綱ペリカン目ヘビウ科に属する水鳥の総称。この科Anhingidaeの仲間は、全長約86~91センチメートル、大形で体は細長く、黒色または暗褐色、尾は硬く長い。翼は細く先がとがり、短く水かきのある足は最後部につく。嘴(くちばし)は細く鋭くとがり、頸(くび)は細く非常に長い。潜水してそっと魚に近づき、嘴で突き刺してとらえる。体をほとんど水中に沈め、曲がった細長い頸を出して泳ぐ姿がヘビに似ているのが名の由来である。世界の暖帯・熱帯の内陸湖沼や河川にすむ。サギ・ウ類などの水鳥とともに水辺の樹上や地上で集団をなして営巣する。アフリカヘビウAnhinga rufa、アジアヘビウA. melanogaster、オーストラリアヘビウA. novaehollandiae、アメリカヘビウA. anhingaの4種が知られるが、分類の取扱いは人によって異なる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘビウの関連キーワードガネット楓鳥鰹鳥五色鳥信天翁知目鳥烏帽子鳥カツオドリ(鰹鳥)ヒレアシ(鰭足)ヘビウ(蛇鵜)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone