コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビウ ヘビウAnhingidae; darters, anhingas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビウ
Anhingidae; darters, anhingas

カツオドリ目ヘビウ科の鳥の総称。全長 80~100cm。4種からなり,南北アメリカ,アフリカ中東から東南アジアニューギニア島からオーストラリアに 1種ずつ生息する。体形も羽色によく似ているが,ウよりが長く,体も細長い。の先端はウのようにかぎ状ではなく,とがっている。羽色は一般に黒色か暗褐色。川や湖沼など淡水に生息する。潜水して魚類を嘴で突き刺し,水面に浮上して空中に放り上げ,それをくわえとって食べる。羽毛は多くの鳥と違って防水用の脂の出る尾腺の発達が悪く,水に入るとびしょ濡れになる。そのため,浮力を失って体の大部分が水面に沈み,頭と頸だけ出して泳ぐが,潜水はしやすい。集団繁殖し,樹上に営巣する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビウ
へびう / 蛇鵜
darteranhinga

鳥綱ペリカン目ヘビウ科に属する水鳥の総称。この科Anhingidaeの仲間は、全長約86~91センチメートル、大形で体は細長く、黒色または暗褐色、尾は硬く長い。翼は細く先がとがり、短く水かきのある足は最後部につく。嘴(くちばし)は細く鋭くとがり、頸(くび)は細く非常に長い。潜水してそっと魚に近づき、嘴で突き刺してとらえる。体をほとんど水中に沈め、曲がった細長い頸を出して泳ぐ姿がヘビに似ているのが名の由来である。世界の暖帯・熱帯の内陸湖沼や河川にすむ。サギ・ウ類などの水鳥とともに水辺の樹上や地上で集団をなして営巣する。アフリカヘビウAnhinga rufa、アジアヘビウA. melanogaster、オーストラリアヘビウA. novaehollandiae、アメリカヘビウA. anhingaの4種が知られるが、分類の取扱いは人によって異なる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘビウの関連キーワード海鳥(かいちょう)ヒレアシ(鰭足)ヘビウ(蛇鵜)ウリ(瓜)南洋蛇鵜中国野菜蛇鵜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android