コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルツバーグ Gerhard Herzberg

3件 の用語解説(ヘルツバーグの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ヘルツバーグ【Gerhard Herzberg】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘルツバーグ

カナダの物理学者ドイツハンブルク生れ。ダルムシュタット工科大学卒。1935年カナダに渡り,1945年同国に帰化。1945年シカゴ大学ヤーキス天文台教授,1949年―1969年カナダ国立研究所員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルツバーグ
へるつばーぐ
Gerhard Herzberg
(1904―1999)

ドイツ生まれのカナダの分光学者。ハンブルクに生まれる。ダルムシュタット工科大学に学び、1928年に学位を得る。その後、ゲッティンゲン大学ブリストル大学で研究を続け、1930年ダルムシュタット工科大学で物理学の講師についた。しかし、ドイツ国内でナチスが台頭したため、1935年にカナダへ亡命、サスカチェワン大学の教授を1945年まで務めた。1945年から1948年まで、アメリカのシカゴ大学ヤーキス天文台で分光学教授を務めたのち、カナダへ戻り、国立研究所に勤務、1955年には同研究所の純粋物理学部門の部長となり、1969年に退職した。
 ラジカル(遊離基)やイオンの分光学を研究し、閃光(せんこう)光分解法を利用したラジカルの吸収スペクトルと分子構造を解明した。この業績により、1971年にノーベル化学賞を受賞。また、分光学の天文学への応用研究でも知られている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルツバーグの関連キーワードタムベーテマクデブルクの半球ハンバーグマリエンブルクマリエンブルク城リンブルガーエーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone