ヘルマンとドロテーア(英語表記)Hermann und Dorothea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルマンとドロテーア
Hermann und Dorothea

ドイツの詩人,作家ゲーテ叙事詩。 1797年刊。格調高いヘクサメトロス (六韻脚) による古典的形式の作品。 31年のザルツブルクにおける新教徒迫害事件に材を取り,フランス革命時代に背景を移し,金持の息子と難民の娘との恋を描く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘルマンとドロテーア

ゲーテの叙事詩。1797年作。フランス革命を背景として、堅実な市民精神の上に花開いたヘルマンとドロテーアの純愛を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルマンとドロテーア
へるまんとどろてーあ
Hermann und Dorothea

ドイツの詩人ゲーテの叙事詩。1797年刊行。ライン川畔の旅館の息子ヘルマンは、フランス革命の動乱を逃れる難民たちのなかでけなげに働く娘ドロテーアを見そめる。父親は初めそれに反対するが、愛情と理解に富む母親や隣人たちの良識あるとりなしで、2人はめでたく結ばれることになる。激動の時代を背景にしながら変わらぬ健全な人間性の世界を描き出したこの牧歌的な作品は、ゲーテの古典主義の思想をよく示すもので、全体を九つの歌に分け、ヘクサーメターの詩形(強弱弱六歩格)でまとめているところにも、古代ギリシアに倣おうとする作者の芸術意志をうかがうことができる。各人物が個性味豊かにしかも典型的に描き分けられているが、それを通じて、革命に対するゲーテの保守的態度がみられ、それが様式の完全さにもかかわらず、評価の分かれるところである。[小栗 浩]
『佐藤通次訳『ヘルマンとドーロテーア』(岩波文庫) ▽国松孝二訳『ヘルマンとドロテーア』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ヘルマンとドロテーア

(原題Hermann und Dorothea) 叙事詩。ゲーテ作。一七九七年成立。青年ヘルマンとフランス革命の難民ドロテーアの美しく大らかな愛の物語によって、牧歌的な平和と、混乱期にも人間的なものを失わない市民の理想を描いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android