コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンナ henna

翻訳|henna

色名がわかる辞典の解説

ヘンナ【henna】

色名の一つ。ヘンナの葉を原料とする顔料のようなみの強い褐色のこと。ヘンナは熱帯植物でミソハギ科低木。ツマクレナイノキともいう。近東の婦人はこれで爪を染め、西洋の婦人は髪を染めたとされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンナ【henna】

北アフリカ,西南アジア原産で,日本では温室に栽培されるミソハギ科の低木。一名シコウカ(指甲花)ともいう。幹は高さ3~6mに達し,樹皮は浅く縦に裂け,緑褐色で,多く分枝し,枝先には小さいとげがある。葉は対生し,卵形または卵状楕円形,先がとがる。花は径7mmくらいで小さいが,芳香があり,花から香油をとる。花弁は4枚,普通白色であるが,淡紅色,淡緑色のものもある。花序円錐形。果実は蒴果(さくか)で多くの種子がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘンナ【henna】

ミソハギ科の低木。西アジア・エジプトなどの原産。高さ3~6メートル。若い茎や葉を干したものを橙色の染料とする。天然の毛染め染料や数日で落ちるため入れ墨の代わりに用いたりする。中国では爪を染めたので指甲花しこうかの名がある。ヘナとも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヘンナの言及

【化粧】より

…そのためつねに500頭のロバを飼い,旅行するときも50頭のロバを連れていったという。昼間は鉛白や胡粉の白粉をぬり,コールとよばれる黒い粉で目を縁どり,ヘンナ(熱帯樹の葉でつくった赤味がかったオレンジ色の染料)や辰砂で唇やほおを彩っていた。ルネサンスを迎えると,化粧はいちだんと発達し,スイスの医学者パラケルススは,医学と錬金術をまぜあわせた膨大な医書のなかで化粧品の製法を数多く発表した。…

【毛染】より

…古代ギリシア・ローマではブロンドの髪が好まれ,羊の脂とブナの木の灰を混ぜた〈サポ〉をすり込み,洗い落としたあと,太陽にさらして金髪になるのを待ったという。黒や褐色に染めるためには,古くからヘンナの葉,カミツレの花,クルミの殻,ビンロウジュの実などが用いられていた。なかでもヘンナは単独では刺激は少ないが,赤みがかった褐色に染まるので,他の植物や金属塩と併用していろいろな色調を出すのに広く使われていた。…

※「ヘンナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘンナの関連キーワードケルマーン州マニキュアトレムセンキプロス5月3日エンナ入れ墨化粧品毛染め化粧口紅毛染橙色ヘナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘンナの関連情報