コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリー6世 ヘンリーろくせいHenry VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリー6世
ヘンリーろくせい
Henry VI

[生]1421.12.6. バークシャーウィンザー
[没]1471.5.21. ロンドン
イギリス,ランカスター朝最後のイングランド王 (在位 1422~61,70~71) 。ヘンリー5世の子,母はフランス王シャルル6世の娘。 1422年8月生後8ヵ月で即位。同年 10月フランス王シャルル6世が死ぬとトロア条約に従い名目的ではあるがフランス王を兼ねた。成年に達するまでに,神経症におかされていたため,対フランス百年戦争にも,イングランドの内政にも,他の重臣があたった。そのため治世中国内の紛争が絶えなかった。 29年イングランド王として戴冠。ジャンヌ・ダルクの出現で退勢を挽回したフランス側がシャルル7世 (6世の子) の戴冠式をランスで行うと,31年ヘンリーもフランス王としてパリで戴冠式を行なった。しかし一時フランスで広大な地域を占めたイングランド領も,53年カレーと周辺のギーヌ伯領を残してその領土をすべて失い,百年戦争は終結。 55年バラ戦争が勃発。 61年ヨーク公の子エドワードにより王位を奪われた。のち一時復位したが,ロンドン塔に幽閉され,71年塔内で殺害された。

ヘンリー6世
ヘンリーろくせい
Henry VI

イギリスの劇作家シェークスピアの史劇。3部。 1590~92年頃執筆。3部はそれぞれ独立した戯曲をなし,正確な執筆順序や年代は不詳のうえ,全編シェークスピアの作か否かも疑問とされる。主としてホリンシェッドの『年代記』 (第2版,1587) に材を取り,幼いヘンリー6世の即位 (1422) からエドワード4世の即位 (71) までの動乱時代のイギリスを,ヨーク家とランカスター家の王位継承をめぐるバラ戦争を中心に描いた叙事詩的戯曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヘンリー6世

生年月日:1421年12月6日
イングランド王(在位1422〜61,70〜71)
1471年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヘンリー6世の関連キーワードロイヤル・シェークスピア劇場マーガレット[アンジュー]ウィンチェスター・カレッジキングズ・カレッジ礼拝堂ウェークフィールドの戦いテュークスベリーの戦いシェークスピア(年譜)ノーサンプトンシャー県カサリン[バロア家]エドワード[4世]エドワード(4世)リチャード[3世]クラレンス(公家)イートン・カレッジヘンリー(6世)フォーテスキュージョン リスゴウサマセット(公)キングスカレッジイートンカレッジ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘンリー6世の関連情報