ヘースティングズ(読み)へーすてぃんぐず(英語表記)Francis Rawdon 1st Marquis of Hastings

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘースティングズ(Francis Rawdon 1st Marquis of Hastings)
へーすてぃんぐず
Francis Rawdon, 1st Marquis of Hastings
(1754―1826)

イギリスの貴族、軍人。初代ヘースティングズ侯、本名はフランシス・ロードン。東インド会社のベンガル総督(在任1813~1823)。初めモイラ伯であったがネパール戦争の功績によりヘースティングズ侯に叙せられた。1817~1818年にはピンダーリー戦争と第三次マラータ戦争に勝利して中央インドからデカンを支配下に置き、1819年にはシンガポールを獲得してイギリスのアジアにおける制海権を強化し、さらにタイ王国と外交交渉を開いた。インドの内政面では、マドラス、ボンベイ両管区の地租制度におけるライーヤトワーリー制度の確立、デリー、カルカッタ(現、コルカタ)の都市建設面での改良、出版検閲制の廃止などで知られる。[高畠 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android