コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘースティングズ ヘースティングズHastings, James

12件 の用語解説(ヘースティングズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘースティングズ
ヘースティングズ
Hastings, James

[生]1852
[没]1922.10.15.
スコットランドの長老派牧師,事典編纂者。アバディーンのディビニティ・カレッジに学び,自由教会の牧師となる (1901~11) 。月刊誌"Expository Times"を 1889年に創刊,事典編纂者としても著名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘースティングズ
ヘースティングズ
Hastings, Warren

[生]1732.12.6. オックスフォードシャー,チャーチル
[没]1818.8.22. オックスフォードシャー,ディルスフォード
イギリスインド植民地行政官。初代ベンガル総督 (在任 1773~85) 。 1750年,17歳でイギリス東インド会社の書記となってインドに渡り,61年カルカッタの参事会員となり,64年帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘースティングズ
ヘースティングズ
Hastings

アメリカ合衆国,ネブラスカ州南部の都市。 1872年入植。広大なコムギ地帯を背景に,コムギトウモロコシなどの集散地で,鉄道交通の中心地でもある。食品加工自動車部品農機具製造なども盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘースティングズ
ヘースティングズ
Hastings

イギリスイングランド南東部,イーストサセックス県南東部の都市。ヘースティングズ地区を構成する。ロンドンの南東約 90kmにあり,イギリス海峡に臨む。1066年ノルマン・コンクェストの際にヘースティングズの戦いが行なわれたところとして知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘースティングズ
ヘースティングズ
Hastings

ニュージーランド,ノース島東部,ホーク湾南岸の都市。ネーピア連合都市を形成する。「ニュージーランドの果物籠」と呼ばれる農牧地帯の集散・加工地。人口5万 5800 (1990推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘースティングズ(Francis Rawdon Hastings)

[1754~1826]英国の軍人。総督兼総司令官として、武力により全インドを支配し、さらにシンガポールを買収するなど、英国のインド・東南アジア支配の強化に尽くした。

ヘースティングズ(Warren Hastings)

[1732~1818]英国の初代ベンガル総督。強硬な統治政策によって英国のインド支配の基礎を固めた。

ヘースティングズ(Hastings)

英国イングランド南東部、イーストサセックス州、イギリス海峡に面する都市。海岸保養地。11世紀、ノルマンディー公ウィリアム1世イングランドハロルド2世を破ってイングランド征服(ノルマンコンクエスト)を成し遂げた「ヘースティングズの戦い」の地として知られる。ヘイスティングズ
ニュージーランド北島東部の都市。19世紀半ばにヨーロッパ人が入植。マオリヨーロッパ人の間で土地領有をめぐるマオリ戦争の舞台となった。りんご、洋なし、ワイン用のぶどうをはじめ果樹栽培が盛ん。近郊の港湾都市ネーピアとともにワイン産地としても知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘースティングズ

英国の植民地行政官。軍人としてアメリカなど各地に転戦。1813年ベンガル総督となり(−1823年),ネパールグルカ,中央インドのピンダリー匪賊(ひぞく)の掃討にあたり,第3次マラーター戦争によって中央インドの広大な地域を英国の支配下に収め,警察・司法制度を改革し,地税を導入した。

ヘースティングズ

英国のインド植民地行政官。東インド会社書記としてインドに渡り,1772年ベンガル知事,1773年―1782年初代ベンガル総督。植民地行政の整理・改革に努力し,武力により領土を広げ,インド支配の基礎を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘースティングズ【Francis Rawdon‐Hastings,1st Marquess of Hastings】

1754‐1826
イギリスの植民地行政官。アイルランド貴族としては第2代モイラ伯2nd Earl of Moira。インドのベンガル総督(1813‐23)として,グルカ戦争(1814‐16),ピンダーリー掃討(1817‐18)を行い,とくに第3次マラーター戦争によって中央インドの広大な地をイギリス支配下に組み込んだ。イギリス支配は,パンジャーブ以外のインド主要部分に及ぶにいたった。在任中,警察・裁判制度の改定や北インドへの地税制度の導入,確立が行われた。

ヘースティングズ【Warren Hastings】

1732‐1818
イギリスの植民地行政官,初代ベンガル総督。1750年イギリス東インド会社の書記としてインドに赴任し,のちマドラス参事会員などを経て,ベンガル知事(1772‐74)および初代ベンガル総督(1774‐85)になる。65年に会社はベンガルの徴税権を獲得したものの,徴税や行政はインド人代理人に委託されていた。ヘースティングズはこれを廃し,会社が直接に行政と徴税を担当する体制を作り出した。それぞれの土地については,5年(のちには1年)単位で競争入札によって地税納入者を決め,各地方にはイギリス人の徴税担当官が配置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘースティングズの言及

【ネーピア】より

…人口5万2000(1991)。ホーク・ベイ地方の中心都市で,近くのヘースティングズとともに連合都市として扱われることがある。羊毛,水産加工(缶詰),ブドウ酒などの工業が立地し,羊毛の集散地として知られる。…

※「ヘースティングズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘースティングズの関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone