コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベジエ ベジエ Béziers

3件 の用語解説(ベジエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベジエ
ベジエ
Béziers

フランス南部,エロー県モンペリエ南西約 70kmにある古都,商都。地中海から 14km,オルブ川を見おろす右岸の丘陵上に位置する。古代はローマ植民都市。 1209年シモンド・モンフォールの軍による破壊をはじめ,戦いによってたびたび破壊された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベジエ【Béziers】

フランス南部,エロー県の都市。モンペリエの南西約70km,ミディ運河とオルブ川の交点にある。人口7万2000(1990)。地中海に面したフランスの代表的ブドウ栽培地ラングドック平野に位置し,陸上交通の便に恵まれ,ブドウ酒取引市場の大中心地。ローマの植民都市に起源をもち,中世カルカソンヌ伯に属したが,アルビジョア十字軍の際,フランス王家軍に焼き払われた。歴史的遺産に富み,12~14世紀の大聖堂,オルブ川にかかる13世紀の美しい橋などが残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベジエ
べじえ
Bziers

フランス南部、エロー県の都市。モンペリエの南西72キロメートル、オルブ川とミディ運河の交差点にあり、交通の要地として発達した。人口6万9153(1999)。ワインブランデーの集散地、産地で、ワイン博物館もある。ガリア人の町として建設されたのに始まり、ローマ都市として栄えた。4世紀から1802年までは司教座が置かれ、サン・ナゼール教会は司教座聖堂であった。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベジエの関連キーワードアンチゴーヌグラヌムセートモンペリエバントゥー山フォンビエイユメゾンカレーペリエライムペリエレモンモンペリエ大学

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベジエの関連情報