コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベス Bes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベス
Bes

古代エジプトのスーダン (またはソマリア) が起源で,中王国時代に広く信仰されるようになった。竪琴や太鼓を奏しながら踊ったりして神々を慰めた。また婚姻産婦の保護神でもあり,デル・エル・バハリ神殿には,女王の出産に立会う姿が描かれている。化粧や装身を司ったり,夢を司る神でもある。悪霊や有害な動物 (わに,へびなど) ,負傷に対する守護神としても崇拝された。しばしば巨大な頭をもち,動物のような姿をした怪異な小男として表現される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベス

古代エジプトの神。スーダン起源か。豹の毛皮(ベス)をつけ,大頭で短躯,舌を出した大口の異様な姿をもつ。舞踊と戦闘の神,また出産・病気から女性や子どもを守るともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベス【Bes】

古代エジプトのセム系ともアフリカ系ともいわれる異形の神。大きな頭ともじゃもじゃの髪,半分舌を出した大きな口,平べったい鼻,大きく突き出した耳,長い腕,がに股の小人姿で表される。常にその名前の由来する豹の毛皮(ベス)をつけ,頭に羽根飾を付けている。戦争,殺戮と自然の破壊力の象徴として,手には刃物,ときには鎧をつけ,盾や剣を持つ。同時に音楽と踊りの神,休息,喜び,娯楽,あらゆる歓楽の神として,鏡,枕,化粧用小箱の彫刻や,陽気なお祭り騒ぎに姿を現した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベスの関連キーワードプライス(Leontyne Price)アイ・ラブズ・ユー、ポーギーウォーター・アンド・パワージェローム グループマンオットー プレミンジャーマーキー マーコウィッツルーベン マムーリアンジョージ ガーシュインシェリル クロフォードアイラ ガーシュインメトロポリタン歌劇場ウルトラウーマンベスシドニー ポワティエヴァージン・クイーンハンナ ブライリーフィリップ レビンウィリアム ハートロバート エルツルディ ヤコブスゴールドウィン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベスの関連情報