コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベス ベス Bes

3件 の用語解説(ベスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベス
ベス
Bes

古代エジプトの神。スーダン (またはソマリア) が起源で,中王国時代に広く信仰されるようになった。竪琴や太鼓を奏しながら踊ったりして神々を慰めた。また婚姻や産婦の保護神でもあり,デル・エル・バハリ神殿には,女王の出産に立会う姿が描かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベス

古代エジプトの神。スーダン起源か。豹の毛皮(ベス)をつけ,大頭で短躯,舌を出した大口の異様な姿をもつ。舞踊と戦闘の神,また出産・病気から女性や子どもを守るともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベス【Bes】

古代エジプトのセム系ともアフリカ系ともいわれる異形の神。大きな頭ともじゃもじゃの髪,半分舌を出した大きな口,平べったい鼻,大きく突き出した耳,長い腕,がに股の小人姿で表される。常にその名前の由来する豹の毛皮(ベス)をつけ,頭に羽根飾を付けている。戦争,殺戮と自然の破壊力の象徴として,手には刃物,ときには鎧をつけ,盾や剣を持つ。同時に音楽と踊りの神,休息,喜び,娯楽,あらゆる歓楽の神として,鏡,枕,化粧用小箱の彫刻や,陽気なお祭り騒ぎに姿を現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベスの関連キーワードエジプト語エジプト鼠エジプト綿エジプト文字コプトナイル鰐古代エジプト語古代エジプト美術館アフリカ探検アフロアジア語族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベスの関連情報