コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニシタバ ベニシタバCatocala electa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニシタバ
Catocala electa

鱗翅目ヤガ科。前翅長 35~39mm。前翅は灰色で樹皮状の斑紋がある。後翅は美しい桃赤色で幅広い黒色横帯に縁どられ,中央に鉤状の黒色斑がある。外縁は細く白色。幼虫はヤナギ類の葉を食べる。成虫は樹液に集り,また灯火に飛来する。普通にみられるシタバガで,ユーラシア大陸に広く分布しており,北海道,本州,四国,九州に産するものを亜種 C. e.zalmunnaという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニシタバ
べにしたば / 紅下翅蛾
rosy underwing
[学]Catocala electa

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張70ミリ内外の大形種。前翅は灰色、黒色の横線が3本あり、波状あるいは鋸歯(きょし)状に屈曲する。はねの前縁部ではっきりしているがしだいに細まる。後翅ははねの基部から3分の2までは紅色、外縁部と中央部は黒色、外縁と縁毛は白い。北海道、本州、四国、九州に分布するが、南西部では少ない。国外では、朝鮮半島からヨーロッパまで分布している。幼虫はイヌコリヤナギなどのヤナギ類につき、老熟したものが樹幹に静止していると、樹皮とそっくりで見分けにくい。成虫がはねを畳み、後翅を前翅の下に隠しているときも樹皮と似ている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベニシタバの関連キーワードベニシタバ(紅下翅)井上

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android