コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニシタバ ベニシタバ Catocala electa

2件 の用語解説(ベニシタバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニシタバ
ベニシタバ
Catocala electa

鱗翅目ヤガ科。前翅長 35~39mm。前翅は灰色で樹皮状の斑紋がある。後翅は美しい桃赤色で幅広い黒色横帯に縁どられ,中央に鉤状の黒色斑がある。外縁は細く白色。幼虫はヤナギ類の葉を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニシタバ
べにしたば / 紅下翅蛾
rosy underwing
[学]Catocala electa

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張70ミリ内外の大形種。前翅は灰色、黒色の横線が3本あり、波状あるいは鋸歯(きょし)状に屈曲する。はねの前縁部ではっきりしているがしだいに細まる。後翅ははねの基部から3分の2までは紅色、外縁部と中央部は黒色、外縁と縁毛は白い。北海道、本州、四国、九州に分布するが、南西部では少ない。国外では、朝鮮半島からヨーロッパまで分布している。幼虫はイヌコリヤナギなどのヤナギ類につき、老熟したものが樹幹に静止していると、樹皮とそっくりで見分けにくい。成虫がはねを畳み、後翅を前翅の下に隠しているときも樹皮と似ている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベニシタバの関連キーワードタバコガフタオビコヤガムクゲコノハ夜蛾ヤガ(夜蛾)カブラヤガ(蕪夜蛾)コバネガ(小翅蛾)シャクガ(尺蛾)ナシケンモン(梨剣紋)ヒゲナガガ(髭長蛾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone