コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニジウム Venidium

大辞林 第三版の解説

ベニジウム【Venidium】

キク科の一年草。南アフリカ原産。花壇に植え、また切り花とする。高さ30~90センチメートル。冬から春、開花。頭花は径約7センチメートル。花はオレンジ色で、舌状花の基部に漆黒色の蛇の目模様がある。カンザキジャノメギク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベニジウム

南アフリカ原産のキク科の一属。一年草または多年草で,約20種がある。よく栽培されるのは一年草のジャノメギク。80cm内外の高さになり,葉は羽状または波状に切れこみ,茎とともに白色綿毛がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベニジウム【Venidium fastuosum Stapf.】

南アフリカに約20種あるキク科ベニジウム属Venidiumの1種。カンザキジャノメギク(寒咲蛇の目菊)ともいわれる。切花や鉢植え,花壇に冬から春の花として栽培することが多い。草丈30~90cm,葉は倒披針形で羽状に深裂し,茎,つぼみともに深々とした綿毛におおわれている。頭花は径6~7cm,周辺の舌状花は美しいオレンジ色で,弁底に漆黒色の帯斑(おびふ)があり,これが蛇の目に見える。花心の管状花は小さく,暗紫色で光沢があり,1茎1花で,日中に開き夕刻には閉じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニジウム
べにじうむ
[学]Venidium

キク科の半耐寒性一年草または多年草。南アフリカに20~30種分布する。株全体が白色の軟毛で覆われる。よく知られるファストゥオースムV. fastuosum Stapfは高さ60~90センチメートル。基部で分枝し、径60センチメートルにも茂る。花は橙(だいだい)色で径7~9センチメートルの大輪一重、中心に褐紫色の蛇の目模様があり、3~5月に茎の先端につく。主として暖地で切り花用に露地栽培される。またデクレンスV. decurens Less.は草丈はやや低く、花は径約6センチメートルの黄金色で、花の中心が暗色で一重。温暖で乾燥する条件のもとでよく育つ。9月に床播(ま)きして年内に定植する。早春に温室内で播種(はしゅ)してもよい。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例