ベネディクトゥス(ヌルシアの)(読み)ベネディクトゥス

百科事典マイペディアの解説

西方キリスト教世界における修道制の確立者,聖人。イタリア中部,ヌルシアNursiaの出身。529年ころモンテ・カッシノ修道院を建て,〈ベネディクトゥス会則〉を執筆して,西方修道制の範を示した。以後同会則を採用するベネディクト会系修道院は最盛期に全欧で2000余を数え,中世精神史上特筆される文化的達成をもたらした。妹のスコラスティカScholasticaも著名な聖女。
→関連項目シトー会モンテ・カッシノ[山]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android