コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベバン Bevan, Aneurin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベバン
Bevan, Aneurin

[生]1897.11.15. モンマスシャー,トレディーガー
[没]1960.7.6. バッキンガムシャー,チェシャム
イギリスの政治家。炭坑労働者の子で,1910年から鉱山で働き,組合の指導者から 29年労働党下院議員となった。 40~45年『トリビューン』誌の編集長をつとめ,第2次世界大戦後 C.アトリー内閣に保健相として入り,国民医療問題で敏腕をふるった。 51年1月労働相となったが,同年4月再軍備計画のため医療保障が犠牲となることに抗議して辞任。 55年アトリー労働党党首辞任後,党首争いには H.T.N.ゲイツケルに敗れたが,59年副党首に選ばれ,同党左派を指導。自伝"In Place of Fear" (1952) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベバン

英国の政治家。炭坑夫出身。労働組合運動頭角を現し,1929年下院議員となり労働党左派の指導者となった。1945年保健相に就任し社会保障制度確立に尽力。のち労働相,副党首。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベバン【Aneurin Bevan】

1897‐1960
イギリスの労働党左派の政治家。南ウェールズの炭坑夫の息子。14歳で炭坑に入り,組合改革運動のサンディカリスムの影響をうける。中央労働カレッジで学び,1929年労働党所属の国会議員となり,34年同じく炭坑夫の娘で国会議員のジェニー・リーと結婚。左派機関紙《トリビューン》(1937‐)の発刊に協力し,統一戦線・人民戦線運動を推進した。第2次大戦後はアトリー内閣の保健相(1945‐51)として国民診療制度を導入し,公共住宅の建設を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベバン
べばん
Anearin Bevan
(1897―1960)

イギリスの労働運動家、政治家。南ウェールズの炭坑労働者の家に生まれ、小学校卒業後、炭坑労働者として働いた。炭坑労働者組合の活動家として頭角を現し、1929年労働党下院議員となった。当初から党内左派に属し、1930年代にはクリップスなどと左派の新聞『トリビューン』を発刊、人民戦線運動も行った。第二次世界大戦中、労働党も参加した連立内閣の批判をやめなかったが、1945年労働党内閣が成立すると保健相に就任、国民医療制度の実現に指導力を発揮した。1951年労働相になったものの、3か月後、再軍備のための社会保障費削減に反対して辞任した。その後も左派の中心人物であったが、1956年ごろから左派とたもとを分かっていった。[木畑洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベバンの関連キーワードウィルソン(Sir Harold Wilson)チャールズ・フレデリック クロスウェストミンスター寺院バッキンガムシャーアセチルセルロースポツダム会談クロス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android