コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラトリックス ベラトリックスBellatrix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラトリックス
Bellatrix

オリオン座γ星 (γ-Ori) の固有名で「女戦士」を意味するギリシア語。オリオン座で3番目に明るい星で光度 1.64等,スペクトル型は B2の巨星。表面温度は約2万度,半径は太陽の約7倍で地球からの距離は 400光年である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベラトリックス

オリオン座のγ星。青白色の1.6等星で,距離112光年。ロケット観測により,気体が高速で流出していることが判明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベラトリックス【Bellatrix】

オリオン座のγ星。ラテン語で〈女戦士〉を意味する。別名アマゾン・スター。勇士オリオンの左肩に輝く。概略位置は赤経5h25m,赤緯+6゜21′。午後9時の南中は1月下旬。実視等級は1.6等。B2型のスペクトルをもつ若い巨星である。明るい早期型星では外部に著しい質量放出を行っている場合が多い。アメリカのエアロビーロケットAerobee rocketの観測により,この星では1600km/sを超えるスピードで気体が流出していることが判明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベラトリックス
べらとりっくす
Bellatrix

オリオン座のγ(ガンマ)星の固有名。ラテン語で「女戦士」の意。オリオン座の長方形の右上の青白い輝星で、この恒星とベテルギウスが猟師オリオンの両肩にあたる位置にある。2000年の天球上の位置は、赤経5時25分08秒、赤緯プラス6度21.0分で、毎年12月10日ごろ真夜中に南中する。実視等級は1.64等、色指数(BV)はマイナス0.22等(天体の色を表す指標の一つで、青色B等級から実視V等級を引いたもの)。スペクトル型B2の巨星。視差は13.4ミリ秒角、地球からの距離は243光年。固有運動は16ミリ秒角/年、視線速度はプラス18キロメートル/秒。表面温度は2万1000K(ケルビン)、自転速度vv sin i=59キロメートル/秒(iは地球から見た星の自転軸傾斜角)。干渉計で星の角直径が測られており0.71ミリ秒角。紫外線が観測されている。[山崎篤磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベラトリックスの関連キーワード高乃麗

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android