コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレンの塔 ベレンのとう Tower of Belém

4件 の用語解説(ベレンの塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベレンの塔
ベレンのとう
Tower of Belém

ポルトガル,リスボンテージョ川沿岸,ベレン地区にある記念塔。バスコ・ダ・ガマインド航路発見を記念して 1515年から 1521年にかけてマヌエル1世の命により建造された。監視塔が設置され,テージョ川河口を外敵から守る要塞の役目も果たしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベレン‐の‐とう〔‐タフ〕【ベレンの塔】

Torre de Belém》ポルトガルの首都リスボンの南西部、ベレン地区にある塔。16世紀、テジョ川の船の出入りを監視するため要塞として建造された。大航海時代の栄華を反映した建築・芸術様式であるマヌエル様式の傑作として知られ、1983年、ジェロニモス修道院とともに世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

ベレンの塔

世界遺産に指定された「ベレンの塔」は、バスコ・ダ・ガマのインド航路発見の偉業をたたえて建てられた石造りの塔です。テージョ河の河口にあり、リスボン港に出入りする船を監視する要塞としての役割も果たしていました。そのため内部には砲台や水牢も有しています。ベレンの塔はマヌエル様式の優美な外観から「テージョ河の貴婦人」という呼び名があり、長い航海を終えて帰ってくる船乗りたちを優しく迎える故郷のシンボル的な存在でもありました。2階には船の安全を見守るマリア像が建てられています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベレンのとう【ベレンの塔】

ポルトガルの首都リスボンの市街西部、ベレン地区のテージョ川沿いにある16世紀の要塞。同じくテージョ川沿いにある発見記念碑よりも、約1km川下にある。ポルトガル独特のマヌエル様式で、3階建ての石造の四角い塔である。モロッコ出身の建築家が設計したこともあり、イスラム建築の影響も見られる。ポルトガル国王のマヌエル1世(1469~1521年)により、リスボン港の防衛とテージョ川を出入りする船の監視を目的に、ヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama、1469頃~1524年)のインド航路発見や、マゼラン(Ferdinand Magellan、1480?~1521年)の世界一周の偉業を記念して建設された。1階には満潮時に水に浸される牢獄が、2階には砲台がある。眺めのよいテラスがある3階には王族の居室もあった。現在は小さな博物館になっていて、16~17世紀の家具が展示されている。また、塔の周辺は公園になっていて、週末などには家族連れなどでにぎわっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベレンの塔の関連キーワードリスボンエストレラ聖堂カルモ教会シアードバイロアルトフィゲイラ広場リスボン大聖堂リベルダーデ通りレスタウラドーレス広場ロシオ広場

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone