ベンゾジアゼピン系抗不安剤(読み)ベンゾジアゼピンケイコウフアンザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

ベンゾジアゼピン系抗不安剤

製品名
【ベンゾジアゼピン系製剤】
《アルプラゾラム製剤》
アルプラゾラム(共和薬品工業、沢井製薬、東和薬品、メディサ新薬)
コンスタン(武田薬品工業、武田テバ薬品)
ソラナックス(ファイザー
《オキサゾラム製剤》
セレナール(第一三共)
《クロキサゾラム製剤》
セパゾン(第一三共)
《クロラゼプ酸二カリウム製剤》
メンドン(マイランEPD)
《クロルジアゼポキシド製剤》
クロルジアゼポキシド(鶴原製薬)
コントール(武田テバ薬品、武田薬品工業)
バランス(丸石製薬)
《ジアゼパム製剤》
ジアゼパム(共和薬品工業、沢井製薬、東和薬品、鶴原製薬)
ジアパックス(大鵬薬品工業)
セルシン(武田薬品工業、武田テバ薬品)
ホリゾン(丸石製薬)
《フルジアゼパム製剤》
エリスパン(大日本住友製薬)
《フルタゾラム製剤》
コレミナール(沢井製薬、田辺三菱製薬)
《フルトプラゼパム製剤》
レスタス(日本ジェネリック)
《ブロマゼパム製剤》
セニラン(サンド、日本ジェネリック)
レキソタン(中外製薬、エーザイ
《メキサゾラム製剤》
メレックス(第一三共)
《メダゼパム製剤》
メダゼパム(鶴原製薬)
レスミット(塩野義製薬、共和薬品工業)
《ロフラゼプ酸エチル製剤》
メイラックス(Meiji Seika ファルマ)
ロフラゼプ酸エチル(沢井製薬、東和薬品、シオノケミカル、ファイザー、マイラン製薬、武田テバファーマ、武田薬品工業)
《ロラゼパム製剤》
ロラゼパム(沢井製薬)
ワイパックス(ファイザー)
【チエノジアゼピン系製剤】
《エチゾラム製剤》
エチゾラム(サンノーバ、エルメッド、エーザイ、ニプロ、メディサ新薬、日新製薬、旭化成ファーマ、沢井製薬、日医工、東和薬品、共和薬品工業、小林化工、大原薬品工業、鶴原製薬、辰巳化学、日本ジェネリック、藤永製薬、富士フイルムファーマ、第一三共、長生堂製薬、皇漢堂製薬)
デゾラム(武田テバファーマ、武田テバ薬品、武田薬品工業、日医工)
デパス(田辺三菱製薬、吉富薬品)
《クロチアゼパム製剤》
クロチアゼパム(東和薬品、鶴原製薬、日医工、沢井製薬)
リーゼ(田辺三菱製薬、吉富薬品)

 不安、緊張、焦燥しょうそう(あせり)、抑うつ(意欲が低下して、ふさぎこむ)といった精神症状を改善する作用(抗不安作用)をもつ薬です。


 鎮静作用、筋弛緩作用(筋肉の異常な緊張をやわらげる)、催眠作用、抗けいれん作用(けいれんを抑える作用)、自律神経調整作用(自律神経のはたらきを安定化する)などをあわせもつ薬もあり、鎮静剤、筋弛緩剤、催眠剤、抗けいれん剤、自律神経調整剤としても使われます。


 実際には、神経症不安症強迫症心気症離人症解離症うつ状態など)、心身症自律神経失調症や、更年期障害腰痛症頸肩腕症候群などでおこった精神的な不安緊張焦燥うつ状態睡眠障害の治療に使います。また、手術前後麻酔をする前などの不安や緊張をやわらげるために使用することもあります。


 ベンゾジアゼピン系製剤には、いろいろな種類の薬があり、その薬のもつ特徴に応じて使い分けられています。


 たとえばクロルジアゼポキシド製剤は、効力は緩和ですが、効果は確実で速く持続性があります。この薬よりも強力な効力をもつのがジアゼパム製剤で、抗不安作用のほかに、緊張を緩和し、自律神経のはたらきを安定化する作用、催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用などをもち、ねむけがおこるほかは副作用が少ない薬です。


 ジアゼパム製剤よりもさらに強力な薬がフルトプラゼパム製剤で、うつ症状を改善する作用が強く、効果が速く長続きします。


 ロラゼパム製剤は、少量の使用で効果が現れる薬です。筋弛緩作用が弱いので、高齢者にも安全で、長期間使用を続けても肝臓に負担を与えず、耐性(長期間使用していると、薬の効果がだんだんと低下してくる状態)もありません。


 クロキサゾラム製剤は、作用が中等度で、歩行運動失調などの副作用は少ないのですが、高齢者が使用するときは医師の指示をより厳重に守ってください。


①過敏症状(湿疹しっしんじんましんのような発疹ほっしん発熱などのアレルギー症状)、依存性がおこることがあります。


 そのほか、アルプラゾラム製剤では、離脱症状、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、アナフィラキシー、肝機能障害・黄疸おうだんがおこることがあります。


 エチゾラム製剤では、横紋筋融解症、間質性肺炎、呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス、悪性症候群(高熱、筋硬直、ふるえ、発汗頻脈、よだれ、意識障害、骨格筋障害など)、肝機能障害・黄疸といった症状がおこることがあります。


 クロキサゾラム製剤では、刺激興奮がおこることがあります。


 クロラゼプ酸二カリウム製剤フルジアゼパム製剤ブロマゼパム製剤メキサゾラム製剤ロラゼパム製剤では、刺激興奮、錯乱がおこることがあります。


 クロチアゼパム製剤では、肝機能障害・黄疸といった症状がおこることがあります。


 クロルジアゼポキシド製剤では、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制がおこることがあります。


 ジアゼパム製剤では、離脱症状、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制がおこることがあります。


 ロフラゼプ酸エチル製剤では、離脱症状、刺激興奮、錯乱、幻覚、呼吸抑制がおこることがあります。


 このような症状がおこったら使用を止め、すぐ医師に相談してください。


②薬の種類によって、ねむけ、めまい、ふらつき、不眠、失禁、頭痛、眼のかゆみ・かすみ、眼瞼けいれん(まぶしい、眼が乾く、眼があけていられないなどの症状)、耳鳴り、口やのどの渇き、舌のもつれ、手指の震え、言語障害、むくみ、脱力感、倦怠感けんたいかん、多幸感(理由もないのに幸福感で満たされる)、健忘、せん妄(幻覚や妄想もうそうが現れて騒ぐ)、動悸どうき、血圧の低下、頻脈(脈が速くなる)、胃腸障害(吐き気・嘔吐おうと、食欲不振、胃部の不快感、便秘など)といった症状がおこることがあります。このような症状がおきたときは、医師に相談してください。


①いろいろな剤型がありますが、食後の使用が原則です。ただし1日あるいは1回の服用量・服用時間・服用回数・服用期間については、医師・薬剤師の指示を守ってください。


 また、ブロマゼパム製剤は麻酔前に坐剤で使われることもあります


 内服剤は、コップ1杯以上の水で飲んでください。


②長期間にわたって大量に使用すると、薬の使用が止められなくなる薬物依存におちいります。また、急に服用を中止すると、せん妄や振戦(手指の震え)などの精神・神経症状がおこることがあります。


問診の際にあらかじめ、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。とくに気管支喘息ぜんそく気管支炎などの慢性の呼吸器の病気、てんかん、けいれん、運動亢進こうしん(震えやけいれん)のある小児、うつ病、重症筋無力症、ポルフィリン症といった病気のある人は、あらかじめ医師に報告してください。


急性隅角緑内障きゅうせいぐうかくりょくないしょう、重症筋無力症などの病気がある人、アルプラゾラム製剤ブロマゼパム製剤メキサゾラム製剤では、過去に過敏症状をおこしたことのある人、ジアゼパム製型クロラゼブ酸二カリウム製剤では、リトナビル服用中の人、アルプラゾラム製剤では、HIV感染症治療剤を服用中の人は使用できません。


⑤心臓病、肝障害、じん障害、脳の器質性障害、衰弱している人、中等度または重度の呼吸障害、小児、妊婦あるいは現在妊娠している可能性のある人は、あらかじめ医師に報告してください。


⑥長期服用する場合は定期的な検査を指示されるので、必ず受けてください。


⑦ねむけ、注意力・集中力の低下などがおこることがあるので、自動車運転や危険を伴う作業は避けてください。


⑧この薬を使用しているときは禁酒を守ってください。


⑨現在ほかの薬を使っていたり、この薬を使用中にほかの薬を使用する必要が生じたときは、必ず医師に相談してください。


 とくに、HIV感染症治療剤フェノチアジン系抗精神病剤バルビツール酸系催眠鎮静剤などの中枢神経抑制剤などと併用すると副作用や離脱症状がおこりやすくなります。また、シメチジン製剤オメプラゾール製剤などの消化性潰瘍治療剤、マプロチリン塩酸塩製剤〔抗うつ剤〕、ダントロレンナトリウム水和物製剤〔筋弛緩剤〕などと併用すると、薬の作用が増強されることがあります。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android