コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンチュリ管 ベンチュリかんVenturi tube

翻訳|Venturi tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンチュリ管
ベンチュリかん
Venturi tube

流れの速さをはかる計器の1種で,くびれをつけた管を用いる。図のような管の入口付近の断面 A と最もくびれた断面 B とを考え,A ,B における流速q1q2 ,流体の圧力を p1p2 ,管の断面積を S1S2 とすれば,ベルヌーイの定理から,p1+ρq12/2=p2+ρq22/2 ( ρ は流体の密度) となる。一方,断面 A ,B を通る流体の質量は等しいから,q1S1q2S2 。この2つの式から q2 を消去すれば,q1 は次の式で与えられる。
断面積の比 S1/S2 は既知であるから,U字管の液面の高さの差をはかって圧力差 p1p2 を求めれば,前式から流速 q1 が得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベンチュリ管【ベンチュリかん】

管の中を流れる流体流量を測定するために挿入する,中ほどがくびれた管。くびれの部分は流速が速まり,ベルヌーイの定理により入口部分より圧力が減るので,この圧力差(流量はその平方根に比例)を測って流量を求める。上水道などの大流量を測定する際に用いられる。イタリアのG.B.ベントゥーリ〔1746-1822〕が考案し,米国のC.ハーシェルが1887年ごろ実用化した。
→関連項目流量計

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンチュリかん【ベンチュリ管 Venturi tube】

管内を流れる流体の流量を測定するのに用いられる計器。図に示したように管の途中を細くし再び徐々に拡大させた形状をしている。最初イタリアのベントゥーリG.B.Venturiにより考案されたことからこの名があるが,流量測定計器として実用化したのはアメリカのC.ハーシェルである(1887ころ)。管の径に等しい断面積A1のところの圧力p1と,細い部分(面積A2)の圧力p2の差を測定すると,ベルヌーイの定理から次式で流量Qが求まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベンチュリ管の関連キーワードスクラッバーベンチュリ計ベルヌーイオリフィスノズルQ1

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android