ベーシー(英語表記)Basie, Count(William)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーシー
Basie, Count(William)

[生]1904.8.21. ニュージャージー,レッドバンク
[没]1984.4.26. フロリダ,ハリウッド
アメリカのジャズ楽団指揮者,ピアニスト,ビブラフォーン奏者。幼時から母にピアノを習い,1929年にカンザスシティーでベニー・モーテン楽団に参加。 35年のモーテンの死後その楽団を引継ぎ,36年にはニューヨークに進出して人気を不動のものとした。以後,力強いスイング感に満ちたリズムを基調として,D.エリントンとともに長年にわたりビッグ・バンド界の一方の旗頭とみなされていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベーシー

米国のジャズ・ピアノ奏者,作曲家,バンド・リーダー。〈カウント・ベーシーCount Basie〉として知られる。ハーレムの〈ストライド派〉出身のピアノ奏者で,F.ウォーラーに影響を受けている。1920年―1930年代にはカンザス・シティを本拠地に,ビッグ・バンドのピアノ奏者として活躍した。1937年,ベーシー楽団を率いてニューヨークに戻り,成功を収めた。テナー・サックスのレスター・ヤングLester Young〔1909-1959〕,トランペットのバック・クレイトンBuck Clayton〔1911-1992〕ら一流の奏者が在籍し,数々の名演奏を残している。第2次大戦後も楽団の活動を続け,多くのすぐれた新人を輩出した。
→関連項目ビッグ・バンド・ジャズベネット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベーシー【William Basie】

1904‐84
アメリカの黒人ピアニスト,バンド・リーダー。〈カウント・ベーシーCount Basie〉として名高い。ニュージャージー州レッド・バンクの生れ。少年時代ピアノを志してからニューヨークのハーレムに行き,ハーレム・スタイルの奏法をマスター。ファッツ・ウォーラーにはオルガン奏法も習った。22歳のときミンストレル・ショーと巡業,オクラホマ州タルサで一座が解散した後,巡業してきたウォルター・ページのブルー・デビルスに入り,カンザス・シティでベニー・モーテン楽団に吸収された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android