コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーシー ベーシーBasie, Count(William)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーシー
Basie, Count(William)

[生]1904.8.21. ニュージャージーレッドバンク
[没]1984.4.26. フロリダ,ハリウッド
アメリカのジャズ楽団指揮者,ピアニストビブラフォーン奏者。幼時から母にピアノを習い,1929年にカンザスシティーでベニー・モーテン楽団に参加。 35年のモーテンの死後その楽団を引継ぎ,36年にはニューヨークに進出して人気を不動のものとした。以後,力強いスイング感に満ちたリズムを基調として,D.エリントンとともに長年にわたりビッグ・バンド界の一方の旗頭とみなされていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベーシー

米国のジャズ・ピアノ奏者,作曲家,バンド・リーダー。〈カウントベーシーCount Basie〉として知られる。ハーレムの〈ストライド派〉出身のピアノ奏者で,F.ウォーラーに影響を受けている。
→関連項目ビッグ・バンド・ジャズベネット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベーシー【William Basie】

1904‐84
アメリカの黒人ピアニスト,バンド・リーダー。〈カウント・ベーシーCount Basie〉として名高い。ニュージャージー州レッド・バンクの生れ。少年時代ピアノを志してからニューヨークのハーレムに行き,ハーレム・スタイルの奏法をマスター。ファッツ・ウォーラーにはオルガン奏法も習った。22歳のときミンストレル・ショーと巡業,オクラホマ州タルサで一座が解散した後,巡業してきたウォルターページブルー・デビルスに入り,カンザス・シティでベニー・モーテン楽団に吸収された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベーシーの関連キーワード日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア東欧演劇

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベーシーの関連情報