ペイパービュー(読み)ぺいぱーびゅー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ペイパービュー

CS放送などで用いられる、テレビ番組の課金システム。ユーザーが視聴した分だけ料金を払う方式。狭義としては、1番組単位で課金する方式のことを指す。ペイパービューから派生したものとしては、1日単位で課金するペイパーデイ、数話に分かれる番組を一括で課金するペイパーシリーズなどがある。インターネットのストリーミング放送においても利用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ペイパービュー【pay-per-view】

ケーブル-テレビや衛星放送などで、視聴した番組単位で料金を課すこと。 PPV 。 → ペイ-テレビ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペイパービュー
pay-per-view

有料テレビ放送の課金方式の一つ。視聴する番組の本数や時間に応じて料金が請求される方式。CS放送などで映画 1番組あたり,あるいは 1シリーズあたりで課金するものが存在するほか,インターネットによる番組配信などでも同様のものがある。レンタルビデオと比べ,借りたり返したりする手間がかからないが,通信回線の容量によっては画質や音質が劣る場合がある。チャンネル単位に月ぎめなどの料金が設定され,視聴時間にかかわらず均一なものはペイパーチャンネルなどと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android