コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペキンパー Peckinpah, Sam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペキンパー
Peckinpah, Sam

[生]1925.2.21. カリフォルニア
[没]1984.12.28. メキシコ
アメリカの映画監督。舞台,テレビの演出を経て,1961年映画監督デビュー。 62年,西部劇『昼下がりの決闘』 Gun in the afternoonで注目を浴び,69年,残酷きわまる殺戮シーンを展開した『ワイルド・バンチ』 The Wild Bunchでバイオレンスの美学を貫く作風を確立した。ほかに『わらの犬』 Straw Dogs (1971) ,『ゲッタウェイ』 The Getaway (72) ,『バイオレント・サタデー』 The Osterman Weekend (83) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペキンパー

米国の映画監督。カリフォルニア州生れ。D.シーゲル監督に師事した後,監督となる。時代に取り残された2人の老ガンマンの物語《昼下がりの決闘》(1962年)で注目され,初老・中年のガンマンたちが流れ着いたメキシコで壮絶に死んでゆくさまを描いた《ワイルドバンチ》(1969年)で評価を決定づける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ペキンパー【Sam Peckinpah】

1925~1984) アメリカの映画監督。「ワイルドバンチ」の大殺戮さつりくシーン以来、暴力描写で一時代を画した。ほかに「荒野のガンマン」「昼下りの決闘」「わらの犬」「ゲッタウェイ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペキンパー
ぺきんぱー
Sam Peckinpah
(1925―1984)

アメリカの映画監督。カリフォルニア州フレズノ生まれ。ドン・シーゲル監督に師事し、テレビや映画のシナリオを書くようになり、1961年の『荒野のガンマン』で長編劇映画の監督となった。『ワイルドバンチ』(1969)、『砂漠の流れ者』(1970)などの西部劇、『わらの犬』(1971)、『ゲッタウェイ』(1972)などの現代を描くアクション映画に、それぞれ一時代を画する作品を残した。美しいスローモーションや斬新(ざんしん)な編集のテクニックを生かして、アウトサイダーたちの心情を激しい暴力描写とともに映像化した作品が多い。[岡島尚志]

資料 監督作品一覧

荒野のガンマン The Deadly Companions(1961)
昼下りの決斗 Ride the High Country(1962)
ダンディー少佐 Major Dundee(1965)
ワイルドバンチ The Wild Bunch(1969)
砂漠の流れ者 The Ballad of Cable Hogue(1970)
わらの犬 Straw Dog(1971)
ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦 Junior Bonner(1972)
ゲッタウェイ The Getaway(1972)
ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 Pat Garret and Billy the Kid(1973)
ガルシアの首 Bring Me the Head of Alfred Garcia(1974)
キラー・エリート The Killer Elite(1975)
戦争のはらわた Cross of Iron(1976)
コンボイ Convoy(1978)
バイオレント・サタデー The Osterman Weekend(1983)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペキンパーの関連キーワードロバート・ゴールデン アームストロングビリー・ザ・キッド/21歳の生涯ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦アメリカン・ニュー・シネマクリス クリストファーソンL.Q. ジョーンズキャシー イェーツウォーレン オーツロバート ウェバージョー スピネルミッチ ライアンガルシアの首ニューシネマ昼下りの決斗2月21日天国への扉コンボイ昼下り

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペキンパーの関連情報