コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッテンコーファー ペッテンコーファーPettenkofer, Max von

4件 の用語解説(ペッテンコーファーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペッテンコーファー
ペッテンコーファー
Pettenkofer, Max von

[生]1818.12.3. リヒテンハイム
[没]1901.2.10. ミュンヘン近郊
ドイツの衛生学者,化学者。衛生学に初めて実験科学の方法を取入れ,近代衛生学の基礎を築いた。 1843年ミュンヘン大学で学位を取得,47年同大学定員外教授で医化学担当,53年同正教授,65年衛生学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペッテンコーファー

ドイツの医学者。ミュンヘン大学に学び,同大学教授。都市の上下水道の整備,栄養の向上など社会的および政治的状態が人の健康と死亡率に大きな影響を与えることを主張。近代的な衛生学の基礎を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペッテンコーファー【Max Joseph von Pettenkofer】

1818‐1901
ドイツの衛生学者。化学的方法を衛生学に導入した最初の一人で,環境衛生の改善が死亡率を低下させるという立場から,ミュンヘンの衛生行政を著しく発展させた。農民の子として生まれ,当初は俳優を志したが,後に薬剤師となり,さらに医学を学ぶ。ビュルツブルク大学とギーセン大学で,J.vonリービヒについて生理学的・化学的研究に従事し,1852年ミュンヘン大学生化学教授となる。弟子であり友人でもあるフォイトCarl von Voit(1831‐1908)とともに人体用呼吸計を開発し,人間の代謝と栄養に関する一連の重要な実験を行い,近代衛生学における実験化学的方法の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペッテンコーファー
ぺってんこーふぁー
Max Josef von Pettenkofer
(1818―1901)

ドイツの衛生学者、化学者。バイエルン地方リヒテンハイム生まれ。1843年ミュンヘン大学を卒業。その後ウュルツブルク大学で医化学を研究、ギーセン大学ではリービヒに師事。この時期に生理化学に関する実験研究のなかから、胆汁酸、ヒトの尿中の馬尿酸、クレアチン、クレアチニンに関する報告を行った。1847年ミュンヘン大学医化学員外教授になり、1852年に同正教授に任ぜられた。衛生上の問題の決定に化学的知識が必要であることを認識し始め、しだいに衛生方面の諸問題、大気と水中の炭酸ガス、住居内の換気、衣服の理学的関係などに関して実験研究を行い、さらに都市の地下の換気、ミュンヘン市の上下水道の調査研究を試みるなど、化学・生理学の知識に裏づけられた実験方法を確立し、衛生学を実験科学にしていった。1865年ミュンヘン大学の初代衛生学教授に任ぜられ、この分野で他の大学に先鞭(せんべん)をつけた。他方、1855年から始めたコレラの伝染の研究では、コレラの病原を地下水に求め、コッホのコレラ菌説に反対、自説を証明するためにコレラ菌を飲んだ。自己の信条に従って83歳でピストル自殺した。日本の衛生学の創設者緒方正規(おがたまさのり)や軍医で作家の森鴎外(おうがい)は彼の下に留学、師事した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペッテンコーファーの言及

【換気】より

…しかし,通常の室内では人体の呼吸のみによって有害な濃度になるとは考えられず,不快の直接的原因とは考えにくい。(3)人間毒説 炭酸ガス有毒説はフランスの化学者A.L.ラボアジエが18世紀に唱えたものであったが,19世紀に入ってM.vonペッテンコーファーは,呼吸による炭酸ガスの増加は無害であり,呼気には未知で微量な有害物質があると考えた。これを人間毒と呼び,呼気の炭酸ガス量に比例して発生するという仮説を唱え,炭酸ガス濃度0.07~0.1%を許容値とした。…

【下水道】より

… ドイツでは1842年にイギリス人のリンドレーWilliam Lindley(1808‐1900)の指導の下でハンブルクで下水道建設が始まった。またミュンヘンではM.vonペッテンコーファーの主張で58年から下水道建設が始まり,ベルリンでも同じころ建設が始まった。アメリカでは1801年にフィラデルフィアで下水道が最初に設置され,57年にニューヨークのブルックリン地区に,1年遅れてシカゴ市に建設され,60年までにはアメリカの主要な12都市で公共下水道が整備された。…

【都市問題】より

…それに基づき48年の〈公衆衛生法〉など各種住宅改善政策が出され,55年からロンドンで,次いで各市で下水道建設が始められた。ドイツでも衛生学者M.vonペッテンコーファーの同じような都市問題の指摘により,ミュンヘン(1858)をはじめ,各市で下水道工事,環境改善事業が始まる。さらに,こうした都市問題の広がりに対し,それを解決する改良主義的理想都市案も,R.オーエンの〈工場村〉案をはじめ19世紀を通じ各種出された。…

※「ペッテンコーファー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ペッテンコーファーの関連キーワード梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席ねぶた祭松浦武四郎アッカーマン機構

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone