コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペネロペイア Pēnelopeia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペネロペイア
Pēnelopeia

ギリシア神話のオデュッセウスの妻。スパルタのイカリオスとニンフのペリボイアの娘。テレマコスの母。夫がトロイ遠征で留守中イタカ近隣の若い貴族らに求婚され,やむなく夫の父ラエルテスの棺衣を織り上げるまでは応じられないとの口実をつくって3年間,昼間は織り,夜になるとこれをほどいて事なきを得たが,ついに侍女の密告により,からくりが明るみに出てしまった。しかしオデュッセウスがトロイ遠征 10年,帰路 10年の長年月を経て帰国し,求婚者たちを殺した。夫がテレゴノス (オデュッセウスとキルケの息子) に殺されたのちテレゴノスと結婚し,幸福の島 (→至福者の島 ) に住んだといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペネロペイア
ぺねろぺいあ
Penelopeia

ギリシア神話の英雄オデュッセウスの妻。ペネロペともいう。スパルタ王ティンダレオスの娘ヘレネ(実の父はゼウス)の従姉妹(いとこ)にあたり、西洋文学の伝統のなかでは貞女の代名詞とされる。オデュッセウスは、ギリシア中からヘレネの求婚者が集まって収拾もつかなかったとき、ヘレネとメネラオスの結婚を円満に実現させ、その功によりペネロペイアとの結婚を許される。2人の間にはテレマコスが生まれる。ペネロペイアは、オデュッセウスが出征してからトロヤが陥落するまでの10年間、さらに彼がトロヤからの帰国途上で海上を漂泊する10年もの間、イタカ島で夫の留守を守った。そして近隣から彼女に再婚を求めて若い求婚者どもが押し寄せ、日夜宴会を開いて家産を食いつぶすのにも耐え、夫の帰国を確信していた。ことに、舅(しゅうと)の経帷子(きょうかたびら)を織り終えるまでは再婚できないとして、昼間に織ったものを夜中にこっそりとほどいては、長年にわたり求婚者たちの要求をそらしていたというエピソードは有名である。しかしその策略も見破られ、ついに彼女は、オデュッセウスが家に残した強弓を引きえた者と再婚すると宣言し、弓競技を催すが、ちょうどそのときオデュッセウスが帰還して、無法な求婚者どもを射殺す。
 これがホメロスの『オデュッセイア』に歌われたペネロペイア像であるが、後代には、ペネロペイアはすべての求婚者と交わったとする奇妙な伝承もつくられている。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペネロペイアの関連キーワードオデュッセイア名婦の書簡ユリシーズグラウコスヘルメスパン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android