コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペロプス ペロプス Pelops

翻訳|Pelops

4件 の用語解説(ペロプスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペロプス
ペロプス
Pelops

ペロポネソス半島の呼び名のもととなったギリシア神話の英雄。リュディアの王であったタンタロスの息子で,父によりこまぎれに料理されて神々に供されたが,娘ペルセフォネを失った悲嘆のあまり,気づかずに肩の部分を食べてしまったデメーテル以外の神々は,このごちそうの正体を見抜き,肉片を集めてまたペロプスを復活させ,なくなった肩の代りには,象牙製の肩をつくってやった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペロプス

ギリシア伝説のタンタロスの子。神々を試そうとした父に殺され,料理されたが,復活した。その際,肩が欠けていたので象牙の肩を与えられたという。オリュンピア競技(オリンピック)の創始者とされる。
→関連項目アトレウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ペロプス【Pelops】

ギリシャ神話のタンタロスの子。父によって殺されて神々の食膳に供されたが、気づいた神々によって蘇生。成長して後、ピーサの王オイノマオスの娘ヒッポダメイアに求婚し、戦車競走に勝利して、王女を獲得したという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペロプス
ぺろぷす
Pelops

ギリシア神話の英雄。リディアの王タンタロスの子。タンタロスは神々の寵児(ちょうじ)であったが、神の全知を試そうとわが子ペロプスを殺して料理し、神々に供した。神々はこれに気づいたが、デメテルだけはうっかり肩の部分を食べてしまった。しかし神々が彼を蘇生(そせい)させ、象牙(ぞうげ)で肩を補ったために彼の子孫は白い肩をもつとされた。
 ペロプスは、ピサの王オイノマオスの娘ヒッポダメイアに求婚する。しかし、アレスの神馬を駆る王に戦車競走で勝たないと婿になれないので、彼は王の御者ミルティロスを買収して王の戦車の車軸に蝋(ろう)を使わせる。王の戦車はたちまち壊れ、王は手綱に引きずられて死ぬが、そのときペロプスたちに呪(のろ)いをかける。さらにペロプスは、ミルティロスに約束の褒美(ヒッポダメイアとの一夜の契りと王国の半分)を与えるどころか謀殺し、彼からも呪いを受ける。ペロプスは王国を手に入れ、近隣を制圧してこの半島をペロポネソス(ペロプスの島)と名づけた。また彼は、戦車競技を記念してオリンピア競技会を創始したとも伝えられる。
 ペロプスへの呪いは子孫の代において実現され、息子のアトレウスとティエステスは兄弟で骨肉相食(あいは)む王位争いを演じ、孫のアガメムノンは妻に殺される。[中務哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペロプスの言及

【アトレウス家伝説】より

…以下はその概要である。 始祖タンタロスは小アジアの王で,ゼウスの子であり,供宴に招くほど神々と親しい間柄であったが,神の全知を試すため息子ペロプスPelopsを殺し食卓に供した。その罰で冥界におとされ永久の飢渇に苦しんだ。…

【肩】より

…ゲルマン神話中のオーディンの肩にはフギン(思考)とムニン(記憶)という2羽のカラスがとまっていて,見聞きしたすべてのことを彼の耳にささやいていた。ギリシア神話では神々の寵児タンタロスが増長の末,神々を試そうとして息子ペロプスPelopsを殺して肉料理をつくり,神々にささげた。悟った神々はだれも食べなかったが,娘の行方を捜す女神ケレスだけは他に気をとられていたためペロプスの左肩の部分を食べてしまった。…

【タンタロス】より

…ギリシア伝説で,小アジアのシピュロス山付近の王。ゼウスの子で,ペロプスPelopsとニオベの父。莫大な富をもち,神々に愛されていたが,心おごって増長したあげく,神々を試すべく,わが子ペロプスを殺して料理し,これを神々に供したため,あるいは神々の食卓に招かれたあと,その秘密を人間に漏らした,または神々の飲食物たるネクタルとアンブロシアを盗んで人間に与えたため,罰として無間地獄タルタロスへ落とされた。…

※「ペロプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペロプスの関連キーワードアカイアフォルミオンペロポネソス戦争ペロポネソス同盟ペロポネソス半島ミストラペロポネソスΠελόπιονアイゴスポタモイの戦《ペロポネソス》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone